フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 横浜西区戸部……って? 実は横浜の中心地 | トップページ | もちろん『マンション格差』だって、おおいにあるのだ »

2016年10月14日 (金)

『洗えば使える泥名言』はいいけれども、結局は高須さんへの……

 まず「泥名言」って言うだけで西原理恵子さんらしい言い方なんだけれども、それが『洗えば使える泥名言』ってなっちゃうと、完全に西原ワールドですね。

 漫画自体がエッセイ漫画なんで、やっぱり普通に文字のエッセイも漫画と同じ楽しみを与えてくれます。

Photo 『洗えば使える泥名言』(西原理恵子著/文藝春秋社/2016年8月29日紙版刊・2016年9月20日電子版刊)

 で、どんな「泥名言」かというと……

『第1章 【仕事の名言】
「それを描くのがお前の仕事だー! 」「ウチはもっとこう便所の落書きみたいのでないと 」「何で原稿料とか払うの? みんな好きで書いてるんでしょ? 」「六はいないか? いなきゃ四でもいいぞ!」「 どうして俺を待たないの? 」「お客さん、包装紙開けてからの取り替えはさすがになしですわ」「 会社はニキビより簡単につぶれる」「ニッポンジンコマカスギー 」「一生に一度だけは本気で勉強しようぜ」「一番偉いのは司馬太郎。 病気は作んなきゃ」「公務員が本気で逃げたら誰もかないません」「人のことを憎み始めたらヒマな証拠」

第2章 【お金の名言】
「前科とお金とどっちが大事?」「半分も払ったのに」「ウチはピンハネじゃない、全ハネだから」「1億カモれたら、もう1億盗れますよ」「金の斧も銀の斧も鉄の斧も私のもの。ついでにその沼の借地権も私のもの」「100万円貸してくれと言われたら、10万円あげなさい」「月30万でいいから私にくれて、何にも言わない人いないかしら」「夢がないから夢を聞かれてもわからない」「これで借金が増えん!」「コンビニってお正月みたいだねぇ」

第3章【男と女の名言】
「ねえ、オレの靴下どこ?」「無理マン」「テベガメやりに行こうやー」「マンコ1回は数に入らん」「金ちゃんね、夜5回、朝2回なの。これは恋だと思うの」「洗って返せば大丈夫」「歴代の女が泣いてわめいて角取ってくれた中古の男がちょうどええ」「一人3チンポ」「それはね、「のりしろ」といって、数えなくてもよくってよ」「明日フライトだからキミの顔見に来たよ」「男の人生は真夜中のスナックや」「毎日ウソついたらええやん」「すべての男は3等賞や。それを1等にするのも6等にするのも自分や」「親が東北出身なのが最大の悩み」「キミが変われないように僕も変われない」「 今まで寝た男の中で一番ええ男や」

第4章【家族の名言】
「世界中の人がお前を悪いと言うなら、世界中が間違うとる」「バカ、ケチ、怠けは酢を飲まない」「蛍光灯に当たると背が伸びる」「日本人しか踊りは踊らん」「あんた、ストッキングの色違うで」「連れ子のくせに遠慮して育て」「あんたのお母さんは偉かったぞね」「いつも心に野村沙知代」「わが校では家庭に問題のあるお子さんは一人もおりません」「ケンカはええ。ウソはいかん。ウソつくのは盗む。ほんでおらんようになる」「 隣から1借りてきたら? 返さない」「お父さん、はやくねてね。そうじゃないとそーだきんしにするよ。りえこ」「あいつ脈までブス!」「言うちゃりとうない」「なんちゃやない」「白いのはやるな」

第5章【生と死の名言】
「今日は天気がええけん、今日いかしちゃる」「オレらに連絡してもうたら全部うまいことやっちょいちゃったのに」「また魚獲りに行っちゅうだけやきに」「醬油飲んだら温もるで心配しなや」「人は2回死ぬ。1回目が命が途切れたとき。 2回目は人々に忘れられたとき。そのときが本当の死なんです」「すべての患者様には希望しか与えてはいけない」「あの新しい船に乗った誇らしげな鴨志田さんをご覧なさい」「人って死ぬよな」「ライオンは弱い奴を狩りに行く」「そういう時はアメリカ大使館に逃げるんだ」「学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい」「気に入らんかったら殺してくれや」「僕ね、あんまり長く生きられないんだよ、時間がもったいないんだよ。 だから笑ってくれないかな」』

 まあ、その一つ一つが「らしい」んだけど、やっぱり西原さんらしいのは、これらのセリフですわな……

『高須先生なんかも若いときの写真見たらひどいもん。マカオグランプリでレースクイーンに囲まれてすごい車乗ってシャンパン持ってとか、そんなのと絶対付き合えるわけない。しかも、昔はいつもものすごく怒ってたらしい。今はみんなに「丸くなった」。全然怒らないから、やっぱり中古がちょうどいいですね。チンコやわいけど』

 まあ「チンコやわいけど」っていうところが西原さんらしいけれども、でも鴨ちゃんの方がもっとチンコやわかったと思うけどなあ。

『高須先生とは、会えるときは必ず会う。といっても、どこかに行くってことはなくて、先生が仕事で東京に来たときに、ホテルで晩ごはん食べて一緒に寝て、朝起きて解散みたいな感じですけど。リゾートでのんびりとか大嫌いな人だから』

『それでも人はいつかは死ぬんですけど、それで終わりじゃなくて、みんなに忘れられたときが終わりだっていう。なるほどなと思いましたね。
 でも、よく聞いたら、そんなにいい話でもなくて。自分が後世でどう語り継がれるかということをものすごく気にしてるんですよ。包茎のインチキ医者じゃなくて立派な人だったということにしてほしいみたいで、高須克弥記念財団とか作って善行をアピールしたり、非常に悪あがきしてますね。私にも「ちゃんとマンガで描くように」って言ったり。何かで成功した人とか蓄財した人って、だいたいそうなりますよね』

 でも、まあこうなっちゃうとちゃうとどうしようもないんだろうあな……。

『自分も50歳を過ぎたので、やっぱり時間は大事にしたい。まあ、高須先生からは「キミは長生きするよ。あと40年はピンピン。そしてみんなに迷惑かけるタイプ」という診断をいただきましたけど。皆さんも時間は大事にしてください』

 別に不倫関係でもないいだろうしなあ。まあ、普通の大人の男女関係? って、それって理想じゃないですか!

 まあ、ある種のね。

『洗えば使える泥名言』(西原理恵子著/文藝春秋社/2016年8月29日紙版刊・2016年9月20日電子版刊)

« 横浜西区戸部……って? 実は横浜の中心地 | トップページ | もちろん『マンション格差』だって、おおいにあるのだ »

」カテゴリの記事

コメント

★マイブログに、リンク&引用、貼らせてもらいました。(トラバは出来なかった~)
不都合あればお知らせください(削除いたします!)
なにとぞ宜しく、お願いいたしまっす!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/64320516

この記事へのトラックバック一覧です: 『洗えば使える泥名言』はいいけれども、結局は高須さんへの……:

« 横浜西区戸部……って? 実は横浜の中心地 | トップページ | もちろん『マンション格差』だって、おおいにあるのだ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?