フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 川崎・小島新田・殿町国際戦略拠点キングスカイフロント | トップページ | 『さよならインターネット』 »

2016年10月 8日 (土)

池袋周辺の豊島区施設がそれぞれ終焉

 先週まで講談社社友会作品展を開催していた豊島区民センターがなくなってしまう。

Dsc_00072

 まあ、建物もかなり古くなってきてしまい、耐震の問題なんかもあるんだろう。

Dsc_00092

 豊島区民センターと並んでいた、アニメマニアにはおなじみだった(まあ、キングレコードがそばにあったからね。でも、アニメイトはちゃんと残るみたいですよ)豊島公会堂も……

Dsc_00112

 勿論、豊島区役所も取り壊されている。

 まあ、豊島区役所は既に東池袋の方に、「区役所+マンション」併設の施設を作って移転をしているし、問題は公会堂とかに関連する施設なんだろうなあ。文京シビックホールみたいなね。ただし、文京区も文京公会堂の時期は「8時だよ、全員集合!」みたいなヒット番組の収録に使われていたんだが、シビックホールになってからはねえ……。何にもないみたい。

Dsc_00162

 で、旧・豊島区役所の跡地は……

『(豊島区は)東京建物とサンケイビル、鹿島で構成するグループを優先交渉権者に選んだと発表した。豊島区東池袋1丁目にある築50年超の現庁舎の敷地に地上30階地下2階建て、延べ床面積約6万4000m2のオフィス・商業棟を、隣接する豊島公会堂と分庁舎の敷地に地上7階地下1階建て、延べ床面積約1万m2のホール棟をそれぞれ建設する。
 オフィス・商業棟は2020年3月、ホール棟は2019年3月の竣工を予定している。オフィス・商業棟は高さ約146m、ホール棟は同約40mとする。ホール棟の高さを周辺の建物とそろえ、余った容積をオフィス・商業棟に移転する計画だ。設計・施工は鹿島が担う。
 敷地面積は現庁舎が3637m2、公会堂が3049m2となっている。豊島区が70年間(解体や建築などの工事期間を含めると76年6カ月)の定期借地権を設定して、東京建物とサンケイビルが借り受ける。両社は2016年3月、定期借地料として191億円を区に一括で支払う。オフィス・商業棟は両社が運営、維持管理する。ホール棟の一部は、竣工後に豊島区が区分所有権を取得する。ホール棟の敷地は、持分に応じて官民が準共有することになりそうだ。
 東京建物などが提案した再開発コンセプトは「誰もが輝く劇場都市」。オフィス・商業棟は地上1階~2階が飲食・物販店、3階~6階が9スクリーン、計1600席のシネマコンプレックス、7階がスカイロビーとカンファレンスホール、8階以上がオフィスとなる。また、ホール棟の上層部に1300席の大ホール、下層部に階段状になった半屋外劇場や、ボーカロイド(音声合成技術)によるライブが楽しめる世界初の「ボカロ劇場」などを設ける。区はホール棟のうち、大ホール部分を区分所有する計画だ』

 まあ、渋谷区役所のやり方と同じ。しかし、70年間の定期借地権ってどう判断すればいいんですかね。だって、その期間が終わる頃っていう日には、最早、(双方の)担当者はこの世にいないわけでしょう。

 う~ん、この先豊島区の公共施設はどうなっていくんでしょうかね。

Dsc_00022

 まあ、いよいよ本格的な池袋東口地区の再開発だな。この栄町通りもいつまで残っていられるんだろう。

NIKON DF AF NIKKOR 28mm f1:2.8 D @Ikebukuro, Toshima (c)tsunoken

 

« 川崎・小島新田・殿町国際戦略拠点キングスカイフロント | トップページ | 『さよならインターネット』 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/64313080

この記事へのトラックバック一覧です: 池袋周辺の豊島区施設がそれぞれ終焉:

« 川崎・小島新田・殿町国際戦略拠点キングスカイフロント | トップページ | 『さよならインターネット』 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?