フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『プライベートバンカー』のモーレツさ | トップページ | う~ん、「後妻業」ってお仕事があったのね »

2016年9月 3日 (土)

北沢にアンティーク・ショップが多いのは何故か

 目標は井の頭通りを代々木上原を過ぎて笹塚の裏手あたりにある、「アンティーク 山本商店」というお店。

Dsc_00032

「アンティーク」という言い方をしているんだが、このお店は和風の家具が多い店なので、「アンティーク」というよりは「古道具屋」の方がふさわしいお店であります。

Dsc_00062

 以前からこの地域には目をつけていて、このちょっと代々木上原寄りにはイギリスの古い家具専門の「アンティーク・ウエストウッド」なんてのもあって、こちらはまさしく「アンティーク・ショップ」です。

Dsc_00072

 これが下北沢まで言ってしまうとアンティークはアンティークでも、「古着屋さん」系になってしまうんだが、ここ東北沢を笹塚の間では「アンティーク家具屋さん」が多い。

Dsc_00112

 ここ山本商店はその中でも大きい方で、多分一番老舗なんではないだろうか。

Dsc_00092

 何故、アンティーク家具なのかといえば、実はカミさんが和服を買うことになり、そのための「衣桁(いこう)」という和服を掛けて置くものが必要になった。でも、和服屋さんは沢山あるんだが、こうした周辺のものを扱っている店が案外少ない。

 ので、この山本商店ならあるかもね、というのが我々の目論見だった。以前から古道具系では目を付けていた店ではあるのだけれども。

Dsc_00082

 で、ちゃんとあったってのが上の写真の真ん中に写っているのが「衣桁」。

Dsc_00012

 う~ん、それにしても何故、北沢にアンティーク・ショップが集まっているのかは分からない。

NIKON Df AF NIKKOR 20mm f1:2.8 D @Kitazawa Setagaya (c)tsunoken

« 『プライベートバンカー』のモーレツさ | トップページ | う~ん、「後妻業」ってお仕事があったのね »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/64147760

この記事へのトラックバック一覧です: 北沢にアンティーク・ショップが多いのは何故か:

« 『プライベートバンカー』のモーレツさ | トップページ | う~ん、「後妻業」ってお仕事があったのね »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?