フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 「目黒川船入場」でも「目黒のさんま」とは関係ないようです | トップページ | 追分道の薄い家 »

2016年8月27日 (土)

世田谷・馬事公苑、三つの苑訓

 世田谷区用賀にある「馬事公苑」、かつては国営競馬、日本中央競馬会 (JRA) の騎手養成所が置かれており、1982年に競馬学校が開設されるまでは中央競馬の騎手の養成が行われていたのであります。

Dsc_00062

 もともとは1940年に開催されるはずだった東京オリンピックのために作られた馬場なんだけれども、それは第二次世界大戦で開催中止となって、1964年に行われた第18回東京オリンピックで馬術会場として日の目を見ることとなった。

Dsc_00102

 その、競馬騎手養成所の名残がこの外周コース。う~ん、ここを舗装しちゃえばちょうどナスカーレースなんかのサーキットとして使えるなあ、なんてのはお馬さんのレースに興味がない男の勝手なほざき節。

Dsc_00182

 外周路の中にはこんな芝の馬場(グラスアリーナ)や……

Dsc_00352

 外周路の外には大賞典馬術なんかができるメインアリーナがある。まあ、馬術会場としては当然ですね。

Dsc_00452

 外周路の内側には愛馬碑という、ここの厩舎などで飼われていて、亡くなった馬の碑がある。

Dsc_00212

 最近亡くなった馬なんだろうか、写真が手向けてあったりする。

Dsc_00202

 で、勿論お馬さんの聖地なので馬頭観世音があります。合掌。

Dsc_00222

「馬に注意」っていう標識がいいね。ここは馬の聖地なのだ。

Dsc_00492

 で、再び公苑の入り口まで来ると「三つの苑訓」の碑が。

『馬事公苑訓
「騎道作興」(きどうさっこう)
「百錬自得」(ひゃくれんじとく)
「人馬一如」(じんばいちにょ)』

 なんて書かれてもわからないでしょう。

Dsc_00512

『騎道作興(きどうさっこう) - 至誠を以って騎道作興すべし
誠実・まごころを以って騎道を作興(盛んにする・ふるいおこす)すること。

百練自得(ひゃくれんじとく) - 努力を以って百練自得すべし
百練自得には 百回同じ事を練習して、やっと一つの事を体得する。と言う意味の他に 人が1回練習するのであれば、自分は100回練習せよ。人が10回練習するのであれば、自分は1000回練習せよ。と言う意味としても使われる。要するに、努力して100回練習(又は人の100倍練習)して自分のものに会得せよ。と言う意味である。

人馬一如(じんばいちにょ) - 和協以って人馬一如たるべし
和協(やわらぎ親しんで心をあわせること。互いに折り合いをつけること。話し合い。音の調子をあわせること。)を以って、人馬一如(人馬一体・人と馬はひとつ)になること。』

 まあ、基本的には「人馬一如」っていうのが一番大事なんだろうなあ。

 で、田園都市線用賀駅から馬事公苑、世田谷通りを歩いて三軒茶屋まで行くと、まあ10,000歩ちょい。

NIKON Df AF-S NIKKOR 50mm f1:1.8 G @Baji Koen Setagaya (c)tunoken

« 「目黒川船入場」でも「目黒のさんま」とは関係ないようです | トップページ | 追分道の薄い家 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/64109828

この記事へのトラックバック一覧です: 世田谷・馬事公苑、三つの苑訓:

« 「目黒川船入場」でも「目黒のさんま」とは関係ないようです | トップページ | 追分道の薄い家 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?