フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 追分道の薄い家 | トップページ | 『情報参謀』でも、ちょっと残念なこと »

2016年8月29日 (月)

「浅草サンバカーニバル」はサンバっていうよりは「阿波踊り」かな

 一昨日のこと。昔一緒にアニメーションの仕事をしたことのある、それぞれ別の会社だったりフリーだったりの五人の内の一人が故郷である北海道に帰ってしまうというので、お別れ会みたいな感じで会ったのだ。

 午後4時、浅草文化観光センター集合ということなので行ってみたら、おいおい雷門から浅草文化観光センターに行く道が渡れないじゃないか。なんだなんだこの人込みは……。

Dscf77062

 そうなんでした、8月27日は「浅草三馬鹿」じゃなかった、「浅草サンバカーニバル」だったのだ。期せずして、今まで一度も行ったことのない浅草サンバカーニバルを見ることになったわけだ。

Dscf77082

 しかし、サンバカーニバルと言えばブラジルはリオのカーニバルなんだけれども、リオのカーニバルって言えばボリューム満点のおネエちゃんが、最小限度の布切れ(遠めに見るとほとんどフルヌード)をつけてサンバを踊るってのが魅力なんだけれども。

Dscf77132

 まあ、慎み深い日本の女性ではそこまでハデにはいけず、こんな程度で収まっちゃうのはちょっと残念ではあるけれども、仕方のないことなのかなあ。ボイ~ン、ボイ~ンじゃないしなあ。

Dscf77142

 で、そんなメインの女性の前後で踊っている人たちは、もう、ほとんどコスプレ状態。う~ん、なんだかなあ肌もほとんど見せずにコスチュームだけはハデハデで踊っています。

 そういえば、そんな踊りを醸し出すサンバのリズムなんだけれども、なんかリオとは違うんだなあ。なんてったって、サンバのリズム、メロディーに付けられた歌詞が日本語なんですね。当然、ポルトガル語の歌詞がついて、それで歌って踊るのかと思ったら、そうじゃなくて日本語の歌詞が、ちょっと予想とは違うサンバのリズムについているんですね。

 やっぱりポルトガル語と日本語じゃあアクセントや言葉のリズムも違うし、日本語の歌詞がついちゃうと、なんかリズムも日本語っぽくなってしまう。

Dscf77152

 そこはやっぱり「浅草サンバカーニバル」なんですね。「リオのカーニバルの浅草版」じゃなくて、あくまでも「浅草サンバカーニバル」。

 う~ん、ここにも日本人お得意の「換骨奪還」があった訳なのでありました。

 まあ、「浅草サンバカーニバル」って、要は「ブラジルから輸入したお祭り」じゃなくて、日本のお祭りなんですね。言ってみれば「阿波踊り」のサンバ版というか、浅草版というか。そう考えれば、「浅草サンバカーニバル」の特異さにも納得できます。

 しかし、この五人組、そういえば前にも浅草に花見にきたなあ。別に、浅草に近いところに住んでいるのは、今度、北海道に帰っちゃう奴だけなんだけれども、なぜか浅草が好きなんだなあ。

FUJIFILM X10 @Asakusa Taito (c)tsunoken

« 追分道の薄い家 | トップページ | 『情報参謀』でも、ちょっと残念なこと »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/64123169

この記事へのトラックバック一覧です: 「浅草サンバカーニバル」はサンバっていうよりは「阿波踊り」かな:

« 追分道の薄い家 | トップページ | 『情報参謀』でも、ちょっと残念なこと »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?