フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『沿線格差』っていてもこれじゃあ本当の「沿線格差」じゃない | トップページ | それぞれの8月15日 »

2016年8月15日 (月)

東急グループの渋谷再開発が終わらないのは何故か?

 東急グループによる渋谷大改造事業が終わらない。それは何故なんだ?

 まず、最初は東京メトロ副都市線と東横線の乗り入れ事業から始まったわけなのだけれども、その後もまずJR埼京線のホームを山手線と平行させる事業を皮切りとして、様々な「渋谷再開発事業」が行われている。

Dsc_00032

『2013年3月から東京メトロ副都心線と東急東横線の相互直通運転が始まったが、それによって東横線の終着駅から通過駅的存在になったのが、東急のお膝元・渋谷駅である。元町・中華街駅や新宿三丁目駅が乗降客を増やした一方で、渋谷駅は横浜方面から渋谷を通過する人が増え、乗降客を減らしてしまった。
 だが沿線開発のエキスパートである東急が、黙ってこの状況を見過ごすわけがなく、「50年や100年に一度」といわれる大規模な再開発に着手している。その先駆けとして2012年に開業したのが「渋谷ヒカリエ」で、渋谷の新たな文化・情報の発信拠点となっている。さらに地上46階建ての駅ビルなど複数の高層ビルが建てられるほか、渋谷川の清流を復活させて遊歩道やテラスを整備する計画もある。東急では渋谷を「日本一訪れたい街」にするため、これまで培ってきた開発のノウハウを活かして再開発に取り組んでいる』(『沿線格差 首都圏鉄道路線の知られざる通信簿』(首都圏鉄道路線研究会:小川裕夫・小林拓矢・佐藤充・常井宏平著/SB新書/2016年8月15日紙版刊・2016年9月1日電子版刊))

Dsc_00072

 なるほどなあ……、そういうことか。

Dsc_00372

 おかげで渋谷駅東口の工事の進捗に合わせて、その都度連絡通路の位置が変わってしまって、なんか歩きにくいのであります。

Dsc_00362

「清流の復活」といっても、どこまでやるんだろう。

Dsc_00192

Dsc_00212

 あっ、そういえば渋谷再開発をやっているのは東急グループだけじゃなくて、西武グループもPARCO PART 2のリニューアルなんかを手掛けていて、これから渋谷もどんどん変貌していくんですね。

Dsc_00452

NIKON Df AF NIKKOR 28mm f1:2.8 D @Shibuya (c)tsunoken

『沿線格差 首都圏鉄道路線の知られざる通信簿』(首都圏鉄道路線研究会:小川裕夫・小林拓矢・佐藤充・常井宏平著/SB新書/2016年8月15日紙版刊・2016年9月1日電子版刊)

« 『沿線格差』っていてもこれじゃあ本当の「沿線格差」じゃない | トップページ | それぞれの8月15日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/64054788

この記事へのトラックバック一覧です: 東急グループの渋谷再開発が終わらないのは何故か?:

« 『沿線格差』っていてもこれじゃあ本当の「沿線格差」じゃない | トップページ | それぞれの8月15日 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?