フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 社会人ラクロスリーグ開催中 | トップページ | 小池百合子にとっての『女子の本懐』って何だろう »

2016年8月22日 (月)

「猫またぎ」と「猫又坂・猫又橋」

「猫またぎ」とは、「猫が見向きもしないまずい魚」という意味と、「猫もまたいでしまうくらいにきれいに食べられた魚」という二つの意味がある。

 ところで不忍通りと千川通りが交差する千石三丁目の交差点まで千石二丁目から不忍通りを下りてくる坂道は「猫また坂」と呼ばれている。

Dsc_00122

 坂を上から見るとこんな感じで、一番下りたところが千石三丁目交差点。千川通りというように、もともとは千川上水だったところ豊島区長崎あたりで分水となり、現在の千川通りのところを小石川後楽園まで流れていたのが谷端川・小石川というのだが、千川上水からの分水ということで、千川とも呼ばれていたのだった。

Dsc_00042

 で、当然川なので橋がある。ここ猫また坂の脇には当時の猫また橋の袖石が展示されていて、文京区教育員会の説明版が設置されている。

Dsc_00082

猫又橋 親柱の袖石

 この坂下にもと千川(小石川とも)が流れていた。むかし、木の根っ子の股で橋をかけたので、根子股橋と呼ばれた。
 江戸の古い橋で、伝説的に有名であった。このあたりに、狸がいて、夜な夜な赤手ぬぐいをかぶって踊るという話があった。ある夕暮れ時、大塚辺の道心者(少年僧)がこの橋近くに来ると、草の茂みの中を白い獣が追ってくるので、すわ貍かとあわてて逃げて千川にはまった。それから、この橋は、猫貍橋・(猫又橋)といわれるようになった。猫貍は妖怪の一種である。
 昭和のはじめまでは、この川でどじょうを取り、ホタルを追って稲田(千川たんぼ)に落ちたなど、古老がのどかな田園風景を語っている。
 大正7年3月、この橋は立派な石を用いたコンクリート造りとなった。ところが千川はたびたび増水して大きな水害をおこした。そこで昭和9年千川は暗渠になり道路の下を通るようになった。
 石造りの猫又橋は撤去されたが、地元の故市川虎之助氏(改修工事相談役)はその親柱と袖石を東京市と交渉して自宅に移した。
 ここにあるのは、袖石の内2基で、千川名残の猫又橋を伝える記念すべきものである。なお、袖石に刻まれた歌は故市川虎之助氏の作で、同氏が刻んだものである。

 騒がしき蛙は土に埋もれぬ
     人にしあれば 如何にも恨まん

――郷土愛をはぐくむ 文化財――

文京区教育委員会 昭和58年1月』

Dsc_00092

 ところが不忍通りの反対側に行ってみると、そこにも「猫また橋を伝える記念すべきもの」がもうひとつあった。

 この「猫又橋際公衆便所」というもの。えっ? この公衆便所って昭和初期からあったの? って、そんなはずはないよね。でも、なんで「猫又坂公衆便所」じゃないんだろう。

Dsc_00172

 千川通りを少し川下の方に下ると、簸川神社と小石川植物園に挟まれたところに「網干坂」という急な坂道があって、要は昔千川の漁師が網を干した場所だったようなのだ。

Dsc_00212

 だとしたら、「猫また橋・猫また坂」は「猫またぎ橋・猫またぎ坂」じゃなかったんですね。

 う~ん、私は語呂が似ているので、「猫またぎ」となんかの関連があるのじゃないかと考えていたんだが、そうじゃなかったのでありました。

NIKON Df AF-S NIKKOR 50mm f1:1.8 G @Nekomata-Saka Bunkyo (c)tsunoken

« 社会人ラクロスリーグ開催中 | トップページ | 小池百合子にとっての『女子の本懐』って何だろう »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/64091175

この記事へのトラックバック一覧です: 「猫またぎ」と「猫又坂・猫又橋」:

« 社会人ラクロスリーグ開催中 | トップページ | 小池百合子にとっての『女子の本懐』って何だろう »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?