フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『闇ウェブ』も物事には両面性ってものがありまして | トップページ | いたばし花火大会じゃなくて、あくまでも戸田橋花火大会なのだ »

2016年8月 6日 (土)

ウラウ・コンコースと銀座のカメラ屋さん

「URAU CONCOURSE」って言ったって「ウラウ」なんて場所がないことくらいは知ってます。「ウラワ」じゃないし……。

 本当は「YURAKU CONCOURSE」のYとKがなくなっちゃったまんまなんですよね。

 ところがこのYとKの欠落ってもうだいぶ以前からなかったんだ。なんで直さないんだろう。

Dsc_00222

 場所はJR有楽町駅から出て南の方、晴海通り脇のガード下。

Dsc_00232

 まるでこんなかんじの「昭和」イメージ・フル充電な飲み屋街なんです。ガード下だけなんで短いけれども。

 まあJR東日本のガード下なんで所有者はJR東日本なんだろうなあ。で、JR東日本としてはいずれこんな古臭い飲み屋街は追い出してしまって、もうちょっとお洒落なカフェ通りとかにしたいから、わざと看板が壊れても直さないのか、あるいはどうせはこの飲み屋街もなくなっちゃうんだろうから、なくなるまでは直さない、ってなもんだんだろうなあ。

Dsc_00242

 私もちょくちょくこの飲み屋街で真昼間っからハイボールなんぞをききこまして、「さあ、いまから銀座を撮影にいくぞ」ってな感じで出撃したことがよくありました。

Dsc_00272

 でも、結局銀座に行ってもこんなスキヤ・カメラNikon Houseとか……

Dsc_00292

 カツミ堂とか……

Dsc_00302

 ミヤマ商會とか、三協カメラとか、カメラ屋さんばっかり行ってしまったんだ。

 銀座に撮影に行ったんだけれども、結局はカメラ屋さんばっかり行っちゃうってのは「どうしたもんじゃんろのう」。

 まあ、写真の表現に興味があって写真を撮るのか、カメラに興味があって写真を撮るのかって選択肢なんだけれども、私の場合「カメラ(というメカニズム)に興味があって写真を撮る」ってほうなんだろうなあ。正直言って、「写真の芸術性」ってものにはあまり興味はないものなあ。

NIKON Df AF NIKKOR 28mm f1:2.8 @Yurakucho Ginza Chuo (c)tsunoken

« 『闇ウェブ』も物事には両面性ってものがありまして | トップページ | いたばし花火大会じゃなくて、あくまでも戸田橋花火大会なのだ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/64016074

この記事へのトラックバック一覧です: ウラウ・コンコースと銀座のカメラ屋さん:

« 『闇ウェブ』も物事には両面性ってものがありまして | トップページ | いたばし花火大会じゃなくて、あくまでも戸田橋花火大会なのだ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?