フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『無敵の「一日一食」』も意味がちょっと違う気が | トップページ | IKEA港北店に行ってみてクリビツテンギョー »

2016年7月 5日 (火)

田中長徳写真展「TODAY TOKYO」は「YESTERDAY TOKYO」なんだけれどもね

 田中長徳写真展「TODAY TOKYO 1966」が四谷4丁目の6人の若手写真家が運営するギャラリーニエプスで7月10日まで開催中だ。

Dsc_00082

 田中氏のデビュー前の高校三年生と日大藝術学部一年生のころの写真なので1965年から66年頃の写真。『東京ニコン日記』などでも見られる写真がいくつかあるような、ないような。

Dsc_00112

 まだライカを手に入れる前なのでニコンFとニッコール2.1センチで撮影した写真だ。高校生でニコンFを持っていたってのもすごいが、しかし、当時から田中氏の写真のスタイルって「意味を求めない写真」っていうスタイルで、既にデビュー前からそのスタイルは確立しているということが、これらの写真群から見て取れる。

Dsc_00102

 まあ、取り敢えずは田中長徳氏に倣って私もニコンDfにニッコール20mmで撮りました。

Dsc_00092

 しかしまあ、田中長徳氏みたいな「意味を求めない写真」って、やってみると意外に難しいんですね。

Dsc_00202

 意識しないと何となく写真に意味を求めてしまう。

Dsc_00322_2

 実際には写真には意味はないのだれどもね。

Dsc_00012

ギャラリーニエプスのサイトはコチラ

 ただし、場所はちょっとわかりづらい。新宿通り四谷4丁目のクロネコヤマト宅配便センターの真裏。メイプル花上というアパートの二階です。

NIKON Df AF NIKKOR 20mm f1:2.8 D @Yotsuya (c)Chotoku Tanaka (c)tsunoken

« 『無敵の「一日一食」』も意味がちょっと違う気が | トップページ | IKEA港北店に行ってみてクリビツテンギョー »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/63855547

この記事へのトラックバック一覧です: 田中長徳写真展「TODAY TOKYO」は「YESTERDAY TOKYO」なんだけれどもね:

« 『無敵の「一日一食」』も意味がちょっと違う気が | トップページ | IKEA港北店に行ってみてクリビツテンギョー »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?