フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 今月の六義園のテーマは「七夕まつり」 | トップページ | 『無敵の「一日一食」』も意味がちょっと違う気が »

2016年7月 3日 (日)

都立城北中央公園の栗原遺跡

 いよいよ今年もツール・ド・フランスがモン・サン・ミシェルからスタートして、Dデイで知られるオマハ・ビーチまでの第1ステージで開幕しました、またまた寝不足の三週間が始まった、というわけですが……。

 そんなこととは一切関係なく(まあ、それはしょうがないよな。ツールより先にブログ書いちゃってんだから)、都立城北中央公園っていうのは、ちょうど練馬区と板橋区の区境にあって、両区民の憩いの場となっているようだ(なんか他人事のようだなあ)。

Dsc_00032_2

 元々は第二次世界大戦中に策定された防空緑地(空襲被害の拡大を防ぐために設置された緑地)の一つであり、戦後そのまま公園として整備され、陸上競技場、野球場、テニス場など、特にスポーツ施設を充実させた総合レクリエーション公園になった、というもの。

 だとすると、この東京少年鑑別所(練馬区にあるのでいわゆる「ネリカン」ってやつ)もその防空緑地の一部だったんだろうか。

Dsc_00022

 一時期、敷地の一部が立教学院の総合グラウンドであったため(立教大学在学中の長嶋茂雄もこの場所まで練習に通っていた)、現在もスポーツ施設が充実している。

Dsc_00042

 野球場も何面もあるし……

Dsc_00232

 400mトラックがある陸上競技場や……

Dsc_00272

 遊具を備えた児童公園なんかも完備されている。

Dsc_00332

 が、その陸上競技場の裏側に行くと……。

Dsc_00152

「栗原遺跡の竪穴住居跡」なんてのがある。

Dsc_00102_2

 はるか昔、この地は石器時代の頃から人が住んでおり、縄文式、弥生式の集落があったそうだ。

Dsc_00172_2

 まあ、確かに氷川台というのは石神井川沿いの河岸段丘にあるわけで、人が住むのには適していた場所なんだろうというのが分かる。

Dsc_00212

NIKON Df AF NIKKOR 20mm f1:2.8 D @Hikawadai Nerima (c)tsunoken

« 今月の六義園のテーマは「七夕まつり」 | トップページ | 『無敵の「一日一食」』も意味がちょっと違う気が »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/63849438

この記事へのトラックバック一覧です: 都立城北中央公園の栗原遺跡:

« 今月の六義園のテーマは「七夕まつり」 | トップページ | 『無敵の「一日一食」』も意味がちょっと違う気が »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?