フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『年上の義務』なんて、実はないのだ | トップページ | バスタ新宿、ご利用の方は早めにトイレを済ませてください »

2016年6月 9日 (木)

写真に「意味」はない

 写真には「意味」はない、というのが私の考え方だ。

 写真に「意味」を求めてはいけない。

Dsc_00072

 例えばこの日、私は東京駅でJRを下りて、銀座、築地、勝鬨、月島って具合にほっつき歩きながら写真を撮ってまわったんだけれども、その写真に意味があるのかと言えば、その「ほっつき歩き」に意味がないのと同様、写真にもまったく「意味」はない。

Dsc_00102

 じゃあ、「意味」がある写真ってのはどういうものなのだろうか?

Dsc_00282

 例えば報道写真なんかは数少ない「意味」のある写真なのではないだろうか?

Dsc_00342

 とはいうものの、その「意味」は写真に添えられたキャプションがあるから「意味」があるのであって、キャプションから離れてしまったら、やはり写真には「意味」はないのである。

Dsc_00422

 そこが、写真がほかの絵画などの「芸術」と分かつものなのである。絵画には「意味」がある。しかし、写真には「意味」はない。

Dsc_00542

 じゃあ、写真には何があるのか?

Dsc_00602

 写真にあるのは、撮り手が「確かに、その時間にその場所にいた」という証拠があるだけで、つまり写真に写っているものは、「被写体」ではなくて 、「時間」なのである。

 エビデンスは芸術たるや? 勿論、エビデンスは単なるエビデンス。芸術であるわけはない。つまり、写真は芸術になってしまってはいけないのだ。

 それが結論。

NIKON Df AF-S NIKKOR 50mm f1:1.8 G @Ginza, Tsukiji & Tsukishima (c)tsunoken

 

« 『年上の義務』なんて、実はないのだ | トップページ | バスタ新宿、ご利用の方は早めにトイレを済ませてください »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/63721608

この記事へのトラックバック一覧です: 写真に「意味」はない:

« 『年上の義務』なんて、実はないのだ | トップページ | バスタ新宿、ご利用の方は早めにトイレを済ませてください »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?