フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« ツアー・オブ・ジャパン最終東京ステージ、新城の逃げ決まらず! | トップページ | 『年上の義務』なんて、実はないのだ »

2016年6月 7日 (火)

Fitbit Flexがやってきた。で、どうなの?

「Fitbit Ultraがやってきた。で、どうなの?」というのは2012年9月30日の私のブログなんだが。その後、ウェアラブル・ヘルス・デバイスとしてはFitbit Flexを経て、現在はPOLAR loopを使っている。

 POLAR loopが面倒なのはいちいちUSBケーブルでパソコンにつないで、POLARと同期しなかればならないこと。まあ、それは別にそんなに大変な作業ではないので、構わないのだが。有線でデータのやりとりをするので、うまくつながらないことがあるってこと。その辺はFitbitはワイヤレスのWiFiでデータのやりとりをするので、確実にFitbitにつながるので便利ではある。

Dscf75682

 さらにiPhoneのヘルスケア・デバイスとの数字の違いがかなり大きいということ。今これを書いている時点でのiPhoneのヘルスケアのダッシュボードでは11,842歩あるいたことになっているんだが、POLAR loopでは10,824歩。ということでiPhoneに比べると、POLAR loopの方がかなり数値が低いんだなあ。

Dscf75692

 まあ、会社によって機器の設定は異なるのは当たり前なんだけれども、ちょっとその差が大きいかなという気にはなる。

 更に、POLAR loopだと歩いている最中にも歩数をしることはできるが、歩数で100%となるには12,800歩くらい歩かなければならない。Fitbitだと途中で歩いた数は分からないのだが、10,000歩で「ビビビ」とデバイスが震えて教えてくれて、なおかつ10,000歩あるくと「Cogratulation !」と誉めてくれるんだなあ。12,000歩はちょっと歩きすぎではないかと思うんだが……。

Dscf75702

 で、再びFitbit Flexにしようかと思ってAmazonに注文したら、今は日本の代理店ができたようで、一番上の写真みたいな日本語の入ったパッケージに入っていて、日本語の使用説明書が入っている。ただし、問題は正規輸入品はソフトバンクに登録しなければならないということ。ソフトバンクがサービスしていなかった時からのFitbitユーザーは無視してるんだなあ。別に、日本語サイトがないとダメっていう人は初めからFitbitなんか使ってないとも思うんだがなあ。

Dscf75722

 まあ、取り敢えずFitbit社のデータも前のまんま残っているので、早速今からでも使える。

 さて、充電が終わったら、しばらくはPOLAR loopとFitbit Flexの二個使いをしてみて、その結果を報告しますね。

 どーしたもんじゃろうのう。

 えっ? 使う場所が違うだろって? う~ん、まあそうですが。

 

 

« ツアー・オブ・ジャパン最終東京ステージ、新城の逃げ決まらず! | トップページ | 『年上の義務』なんて、実はないのだ »

健康・器具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/63739687

この記事へのトラックバック一覧です: Fitbit Flexがやってきた。で、どうなの?:

« ツアー・オブ・ジャパン最終東京ステージ、新城の逃げ決まらず! | トップページ | 『年上の義務』なんて、実はないのだ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?