フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 今年は浅草神社で三社祭 | トップページ | 朝霞市に「岡城」ってのがあるんだが »

2016年5月17日 (火)

目白台・腰掛稲荷神社の宮司は元講談社社員

 文京区目白台の筑波大学付属盲学校の校門のすぐ脇にあるのが「腰掛稲荷」であります。

Dsc_00342

 なんでも三代将軍徳川家光が鷹狩の際にこの地で切り株に「腰掛けて」休んだというのがその由来であるそうな。

Dsc_00102

 勿論、「腰掛稲荷」というのは通称であるから、門前の碑には「稲荷神社」という正式名称の脇に小さく「腰掛稲荷」と書いてある。

Dsc_00332

 庚申塔や割ると菊の花のような割れ目ができるという「菊花石」というのがある。

Dsc_00202

 というところまでは、どなたのブログを読んでも出てくること。

 ここから先は、私のブログじゃないと読めないんですなあ。

Dsc_00212

 この腰掛稲荷の現在の宮司は筒井誠さんといって、早稲田大学を出て講談社で「週刊現代」の編集者なんかをやっていた人なのです。つまり、筒井さんのご実家が腰掛稲荷だっていう訳。

Dsc_00072 小さな神社には不釣り合いな大きなケヤキとイチョウの大木

 で、定年を迎えた筒井さんは宮司の資格を得るために、國學院大學に入り直して、宮司の資格を取って、腰掛稲荷の宮司になったのであります。

 まあ、話としてはそれだけなんだけれどもね。ただし、國學院を出ると日本中の神社に卒業生がいるわけなんで、要は日本中の神社にただで泊まれるらしい。ほ~う、そんなメリットがあるのか、といってべつに私が國學院大學に今更入る理由はないけれどもね。

Dsc_00062不忍通りから腰掛稲荷へ上っていく狭い坂道

NIKON Df AF-S NIKKOR 50mm f1:1.8 @Mejirodai, Bunkyo (c)tsunoken

« 今年は浅草神社で三社祭 | トップページ | 朝霞市に「岡城」ってのがあるんだが »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/63635432

この記事へのトラックバック一覧です: 目白台・腰掛稲荷神社の宮司は元講談社社員:

« 今年は浅草神社で三社祭 | トップページ | 朝霞市に「岡城」ってのがあるんだが »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?