フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 朝霞市に「岡城」ってのがあるんだが | トップページ | 東海道品川宿は旅の始まりじゃなくて、旅の終わり »

2016年5月19日 (木)

『勝間式汚部屋脱出プログラム』で慶賀、慶賀

 勝間さんは自分の家を「断捨離」した結果、新たな恋人までできてしまったというのだ。

『家の片付けをしたら家の中も自分の内面も自信が付き、人を呼べるようになり、そうすると、その呼んだ人たちの中から、私のことを恋愛対象として気に入ってくれる人が出てきました』

 っていうんだから、こりゃ慶賀、慶賀。

Photo 『2週間で人生を取り戻す! 勝間式汚部屋脱出プログラム』(勝間和代著/文藝春秋社/2016年4月30日紙版刊・2016年5月20日電子版刊)

 しかしまあ、断捨離する前の勝間さんの家はこんな感じだったそうだ。

2 断捨離前の勝間さんの部屋だそうです

 う~ん、こりゃあすごいなあ。って、私も人のことは言えないなあ。新しいマンションに引っ越してくる前に本を3,000冊ほど処分してきたんだが、今や私の書斎の本棚も既に満杯状態だもんなあ。何とかせねば。

『いろいろため込んでいる人の場合は、まずは、ある一定期間、家から不要なものを捨て続ける「急性期対策」が必要です。私の場合は、2015年の終わりに寝室を何気なく片付け始めたところから、〝断捨離ドミノ倒し〟が始まり、それからほぼ毎日、1〜2時間ずつ断捨離を続けて、約1カ月が必要でした』

 で、その断捨離のルールとは……

■ルール1 基本は「今、使ってないものは捨てる」
■ルール2 断捨離の順番は、簡単で効果実感が高い場所から
■ルール3 一度に全部終えようと思わない
■ルール4 リバウンドを防ぐ生活習慣を身に付ける

 ということだそうだ。

 まあ、これはダイエットの法則と同じようなものだ。

『汚い部屋に住んでいる最大のリスクは「自分を信じられなくなる」ことだと思います。要は、自己管理が出来ない、という事実を常に目の前に見せ続けられるわけです。これは、象さん(感性)に毎日、毎日、じわじわ効いてきます』

『身の回りの状態というのは、あなたの心の拡張現実です。拡張現実がとっちらかって、乱れているということは、心の中もとっちらかって、乱れている可能性が高いということです。たかだか、ものについてすら主体性が発揮できないのに、まして、「人」に対して主体性を発揮することができるでしょうか?』

 っていうんだから、怖い怖い。でも、それが……

『私の場合、断捨離してから、収入も増えています』

 ってすごいなあ。

『断捨離すると、仕事に集中できるようになるからじゃないかと思います。物理的に片付いていて仕事の効率が上がる、というのも一つですが、夜よく眠れるようになったことや、身体に良くておいしいものを食べるようになったことなども関係あるのではないでしょうか。「寝る」と「食べる」は生きることの根本ですから、そこの質が上がると、生産性が上がり、その結果自動的に収入も増えるのではないかと思います』

 っていうんだから、まあ結果としてはいいことなんだ。

 で、そのあげくに……

『もう、これから恋愛も再婚もしないと思っていた私に、断捨離は、やせる、仕事の業績が上がる……というだけではなく、何ものにも変えられない「相思相愛の恋愛」という素敵なプレゼントまでもたらしてくれたのです』

 っていうんだから、勝間さんにとっては「断捨離はもう最高!」ってことですね。

 私はどうなんだろうか?

Photo_2 倉庫を断捨離したらこんなにゴミが出てきたそうだ

『2週間で人生を取り戻す! 勝間式汚部屋脱出プログラム』(勝間和代著/文藝春秋社/2016年4月30日紙版刊・2016年5月20日電子版刊)

« 朝霞市に「岡城」ってのがあるんだが | トップページ | 東海道品川宿は旅の始まりじゃなくて、旅の終わり »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/63645046

この記事へのトラックバック一覧です: 『勝間式汚部屋脱出プログラム』で慶賀、慶賀:

« 朝霞市に「岡城」ってのがあるんだが | トップページ | 東海道品川宿は旅の始まりじゃなくて、旅の終わり »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?