フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『下流老人のウソ』に気づかないフリをしているのは誰だろう | トップページ | 台東区の七福神②でも出だしは北区・荒川区 »

2016年2月14日 (日)

台東区の七福神①下谷七福神が一番コンパクト

 台東区のホームページを見ると、台東区には七福神が3つあると書いてあります。

 つまり、「谷中七福神」「下谷七福神」「浅草名所七福神」の3つ。今日はそのなかでも一番コンパクトそうな「下谷七福神」を巡る旅です。

 で、まず最初が鶯谷駅を降りてすぐのところにある「元三島神社(寿老人)」。駅のホームからはこの神社の裏側が見えます。

Dsc_00042

 元三島神社から歩いてすぐの所には「英信寺(大黒天)」があります。

Dsc_00142

 その英信寺のすぐ裏が……

Dsc_00162

「法昌寺(毘沙門天)」です。

Dsc_00102

 法昌寺は「たこ八郎」のお墓があることで有名です。

Dsc_00122

 法昌寺を出るとちょっと遠く、三ノ輪まで行くと「寿永寺(布袋尊)」があります。

Dsc_00172

 寿永寺をでてその前の道を南に下って、樋口一葉記念館の脇なんかと通ると「飛不動尊正宝院(恵比寿)」です。この飛不動はその名前から、航空会社の人なんかがよくお参りに来るそうです。

Dsc_00252

 飛不動のそばにあるのが鷲(おおとり)神社。で、その鷲神社のところで浅草通りを渡って昭和通りに向かって歩くと、右側にあるのが「弁天院(弁財天)」。

Dsc_00292

 で、弁天様のすぐそばで昭和通りを渡って南下、入谷交差点を渡って右折すると、朝顔市や「恐れ入谷の鬼子母神」で有名な「入谷鬼子母神(福禄寿)」があります。

Dsc_00382

 で、鶯谷の駅へ戻ってきました。これで約5km、とまあ多分一番コンパクトかな。

NIKON Df AF NIKKOR 20mm f2.8 D @Taito (c)tsunoken

« 『下流老人のウソ』に気づかないフリをしているのは誰だろう | トップページ | 台東区の七福神②でも出だしは北区・荒川区 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/63200214

この記事へのトラックバック一覧です: 台東区の七福神①下谷七福神が一番コンパクト:

« 『下流老人のウソ』に気づかないフリをしているのは誰だろう | トップページ | 台東区の七福神②でも出だしは北区・荒川区 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?