フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« はじめての不倫学 | トップページ | 『性風俗のいびつな現場』って、そういうことだったのか! »

2016年2月 5日 (金)

東京周縁部を往く・鵜ノ木、下丸子・大田区

 今回の「東京周縁部を往く」は東急多摩川線、鵜ノ木駅がスタート。えっ? なんで鵜ノ木なんだって言われてもねえ、私たちにとっては東急多摩川線って言えば鵜ノ木なんですねえ。

 理由は後述。

Dsc_00032

 駅前から少しだけ続く商店街を抜けると……

Dsc_00052

 すぐに住宅街が広がる。

Dsc_00102

 そのまま駅前通りを進むと大きなマンションが立ち塞がる。

Dsc_00142

 で、そのままマンションの中庭を抜けると、突然、多摩川の河川敷が広がる。

Dsc_00282

 息子が高校生の頃の野球の試合の応援でよく来た所であります。というのが種明かし。ここは日体荏原高校の球場かな。懐かしいな。

Dsc_00222

 ただ、その頃にはこんな大規模な高層マンション群なんてなくて、大きな建物と言えば、創価学会大田池田文化会館があったくらいかな。

Dsc_00322

 それがいつの間にかマンション群になってしまった。今の多摩川は治水が良いのだろうからあまり気にしていないのかもしれないが、このあたりのホンのちょっと上流が昔NHKドラマ「岸辺のアルバム」の舞台になったところなのだ。

 まあ、今や「岸辺のアルバム」なんて言っても知らない人の方が多いんでしょうけれどもね。逆に、それがちょっと気になる。

 ここに住んでいる人たちはそんな歴史を知っているのかどうか。

 いずれにせよ、下階が水に浸かってしまえばね……。マンションは共同所有ですからね。下の方で水に浸かってしまった場合は、上の方の階の人たちも関係なくはないんですよね。う~ん、まあ、それなりに備えはあるんでしょうねぇ。

Dsc_00462

 で、下丸子のガス橋まで来れば、そこはキャノンの本社。

NIKON Df AF NIKKOR 20mm f2.8 D @Unoki Shimomaruko Ota (c)tsunoken

« はじめての不倫学 | トップページ | 『性風俗のいびつな現場』って、そういうことだったのか! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/63160292

この記事へのトラックバック一覧です: 東京周縁部を往く・鵜ノ木、下丸子・大田区:

« はじめての不倫学 | トップページ | 『性風俗のいびつな現場』って、そういうことだったのか! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?