フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『新聞社 破綻したビジネスモデル』のなるほど | トップページ | 『ソニーをダメにした「普通」という病』を読んで、やっぱりねってことですかね »

2016年2月28日 (日)

「江戸三大閻魔」って、知ってた?

「江戸三大閻魔」というのがあるのだが、貴方は知っていました? 私は知らなかった。

 で、ある日巣鴨のとげ抜き地蔵さんの前の道を歩いて説明板を見ていたら、西巣鴨に「江戸三大閻魔」のひとつがあるって書いてあるので早速行ってみた。

Dscf71512

 西巣鴨の都電の踏切を渡って、お岩様のお墓がある妙行寺の隣。天台宗善養寺(豊島区西巣鴨7-8-25)のご本尊が閻魔大王なのであります。

Dscf71232

 本堂を覗いてみると、おおっ怖っ、閻魔様が鎮座していますな。

Dscf71263

 次は高円寺の五日市街道の入り口近くにある天台宗華徳院(杉並区松の木3-32-11)。

Dscf71762

 こちらは本堂は閉じられていて閻魔様は見られない。多分、ご開帳の日が決まっているんだろう。ちょっと残念。

Dscf71712

 三つめが昔の内藤新宿の宿場があった場所の裏にある浄土宗太宗寺(新宿区新宿2-9-2)。

Dscf71472

 ここは結構大きなお寺で、ちゃんと閻魔堂というのがあって、閻魔様を見ることができます。本堂じゃないってことは、ここのお寺のご本尊は閻魔大王じゃないってことですね。でも、この閻魔様も怖い! やっぱり地獄の最後の裁判長なんですねっ。

Dscf71542

 太宗寺にはその他にも不動堂には新宿山の手七福神の布袋尊像があったり……、

Dscf71442

 塩地蔵があったり……、

Dscf71462

 江戸六地蔵の一つ、銅造地蔵菩薩坐像なんてのもあります。

Dscf71602

 さすがにこの地に寛文8年(1668年)の開山された古いお寺だけのことはあります。

 他の二つのお寺は、両方とも他の地からわけあって移って来たものです。

 う~ん、しかし日本人ってなんでそんな風に「三大なんちゃら」が好きなんだろうなあ。

FUJIFILM X10 @Nishi-Sugamo, Toshima, Matsunoki, Suginami, Shinjuku (c)tsunoken

« 『新聞社 破綻したビジネスモデル』のなるほど | トップページ | 『ソニーをダメにした「普通」という病』を読んで、やっぱりねってことですかね »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/63266365

この記事へのトラックバック一覧です: 「江戸三大閻魔」って、知ってた?:

« 『新聞社 破綻したビジネスモデル』のなるほど | トップページ | 『ソニーをダメにした「普通」という病』を読んで、やっぱりねってことですかね »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?