フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 文京区の木 | トップページ | 『厨房男子』は楽しいドキュメンタリー »

2015年12月21日 (月)

名古屋、行ったところ、見たもの

 実は12月19日から名古屋の名演小劇場というところで、10月11日のブログで紹介した高野史枝さんのドキュメンタリー『厨房男子』が公開になり、早速見に行ってきたんだが、映画の紹介は明日にして、取り敢えず今日は私が1979年から1984年まで、4年半ほど過ごした名古屋という街を紹介。

 まあ、名古屋と言えばテレビ塔ですね(笑)。まあ、行ったことはないですが。

Dsc_00372

 そのテレビ塔があるのが名古屋市中区栄というところ。そこから市営地下鉄東山線に乗って20分ほどのところにある駅が一社(いっしゃ)駅といって、そこが私が在名時代に住んでいたところ。

 住所的には、名古屋市名東区高社(なごやしめいとうくたかやしろ)というところ。

「名東区」という名前の通り、名古屋市の一番東にある区で、ちょっと車で走れば東名高速の名古屋インターがあり、そこを過ぎればもう瀬戸市という場所。まあ東京で言えば練馬区みたいなもんだ。

Dsc_00032

 下の写真の道をちょいと行けば、もう東名高速であります。

Dsc_00042

 で、その一社駅から10分ほど歩いたところにあるのが、この「高社ハイツ」という、私が以前住んでいたマンションがまだあった! もう30年も過ぎているんだけれどもね。私が住んでいた頃は2DKで35,000円/月の家賃だったが、現在は6万円ほどのようだ。30年ほど経っていろことを考えれば、お買い得?

Dsc_00092

 ただし、30年ほど前までの名東区は「名古屋で唯一名古屋弁が聞こえてこない街」と言われるくらい、「よそ者」が多い街だったんだけれども、マンションの前を通ったら名古屋ナンバーの車ばっかりで、だんだん名東区も名古屋になって来た、ってこと?

 で、一社から三つ先が終点の藤が丘。ここは名古屋万博のときにできた「リニモ」という電車との乗換駅になったので、多少は町の雰囲気は変わったかな? う~ん、あまり変わっていないかな。

Dsc_00142

 で、一社駅から中心部に戻って、栄駅の一つ手前「新栄駅」で下りて、中部日本放送(CBC)脇の道を南下します。

Dsc_00182

 CBC脇の飲み屋さん街を行くと……、しかし、なんかみんな韓国飲食店になっているなあなんて感じで歩いています。

Dsc_00232

 このマンションのあったあたりが、昔講談社名古屋支社、講談社出版販売名古屋支店、キングレコード名古屋支社があったビルの場所。今は全然面影はない。

Dsc_00242

 で、講談社名古屋支社から「空港線」(昔そんな名前はあったかなあ?)という道を瓦町交差点を渡ったすぐ傍が「女子大小路」という名古屋一の繁華街というか飲み屋街があったところ。

Dsc_00272

 しかし、それも今は昔。こんな公園になっている。もう女子大小路はないんですね。

 まあ、30年ひと昔なんてそんなものでしょう。

NIKON Df AF NIKKOR 24-85mm f/2.8-4 D @Nagoya City (c)tsunoken

« 文京区の木 | トップページ | 『厨房男子』は楽しいドキュメンタリー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/62905842

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋、行ったところ、見たもの:

« 文京区の木 | トップページ | 『厨房男子』は楽しいドキュメンタリー »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?