フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『天下統一』っていうよりも国際関係の変化のなさに驚く | トップページ | ららぽーと立川立飛に行ってきた »

2015年12月26日 (土)

東京周縁部を往く・江戸川区鹿骨

 都営新宿線を篠崎駅で降りて西の方へ向かって歩くと柴又街道にぶつかる。それを越えると江戸川区鹿骨という町に至る。柴又街道と新中川に挟まれた場所で、住宅地と農地が適当にミックスしている。そうか、ここは小松菜の産地だったんだ。

 で、地名の読み方なんだけれども「鹿骨」と書いて「ししぼね」と読むのである。

Dsc_00182

 この神社も「鹿見塚神社」というのだが「ししみづかじんじゃ」なのである。

 この鹿骨(ししぼね)という地名の由来は「奈良時代(8世紀)、藤原氏によって奈良の春日大社の創建に際し、常陸の鹿島神宮から分霊されたが、その際に多くの神鹿を引き連れておよそ1年かけて奈良まで行ったと言い伝えられており、その途中、鹿が死んだためこの地に葬った」というものだそうだ。

 神社の中には「鹿骨発祥の地 鹿見塚」という碑がある。

Dsc_00162

 若い人に優しい区、江戸川区だけあって「鹿骨区民館」というのも立派だ。

Dsc_00292

 鹿骨区民館から少し北上すると鹿島神社がある。当然、鹿島神宮の分社であり、鹿見塚神社と同じ由来書があった。

Dsc_00372

 境内には「神鹿」の銅像も建っている。

Dsc_00402

 で、面白いのは岩手県の遠野や花巻などのお祭りの際にこの鹿の被り物をして踊られる踊りがやはり「鹿踊り」(ししおどり)と呼ばれているのだ。
 東京などの獅子舞とは全然違うのだけれども、「しかおどり」じゃなくて「ししおどり」。

2_2

 まあ、昔は猪や鹿などの食べておいしい動物やその肉を「しし」と呼んだそうで、そんな意味での「鹿踊り」(ししおどり)であり「鹿骨」(ししぼね)、つまり「しし」と言っても「獅子」とは関係ないのだが、なんか遠く岩手県と同じような呼び方をする町が東京にもある、というのが面白い。

NIKON Df AF NIKKOR 24-85mm f/2.8-4 D @Shishibone Edogawa Ward

LEICA M3 M6 SUMMICRON 35mm SUMMILUX 50mm @Tono City (c)tsunoken

« 『天下統一』っていうよりも国際関係の変化のなさに驚く | トップページ | ららぽーと立川立飛に行ってきた »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/62924266

この記事へのトラックバック一覧です: 東京周縁部を往く・江戸川区鹿骨:

« 『天下統一』っていうよりも国際関係の変化のなさに驚く | トップページ | ららぽーと立川立飛に行ってきた »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?