フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 今日は一の酉・準備編 | トップページ | 『損したくないニッポン人』って、著者の高橋さんのことだったのね »

2015年11月 5日 (木)

花畑大鷲神社の一の酉

 昨年の11月29日のブログに書いたように、昨日の一の酉は花畑大鷲神社に行ってきた。

 つくばエキスプレスを六町駅で降りて、バスで行こうかなと思ったら、次のバスまで30分以上待たなければならない。なら、まあいいやということで徒歩で向かい、およそ40分程で花畑大鷲神社へ。

Dsc_00072

 一の鳥居をくぐり……

Dsc_00112

 二の鳥居をくぐり……

Dsc_00142

 古い熊手を収めたら……

 本殿へ拝殿します。

Dsc_00192

 拝殿の後は社務所に行って、熊手を頂く(買う)わけですね。

Dsc_00182

 それにしても、この花畑大鷲神社って結構大きいんですね。

「この神社の創建年代等については不詳であるが、言い伝えによれば平安時代後期の武将源義光が、後三年の役のおり、兄の源義家を助けるため東北地方へ向かう途中この地で見かけた鷲のおかけで戦いに勝つことができたことから、その後その鷲を祀ったのがこの神社であるという。古くは鷲明神と称されていたが、明治以降鷲神社と改められ、のち大鷲神社を正式名称とした」

 というのがこの神社の由来。

Dsc_00202

 元々、この神社の門前市が今、全国で行われている「お酉さま」の元になったそうで、「浅草鳥越の大鷲神社の酉の市が有名になったのは江戸後期から。それ以前は「お酉さま」といえば、ここ花畑大鷲神社のお酉様なのでありました」とは昨年11月29日のブログにも書いた通り。

Dsc_00212

 三の酉まである年は火事が多いから、というわけではないだろうが、東京消防庁の人が巡視に来ていた。

Dsc_00382

 帰りこそはバスで、と思ってバス停まで行ったら、なんと次のバスまで3時間ちょっと待たなければならない。う~ん、ここはやむなく、と花畑団地まで行って、「毎度、ご乗車ありがとうございま~~~ん。しゅうて~~~ん。竹ノ塚駅東口でぇ~~~ん」っていう、なんかユーモラスな案内をする運転手の東武バスで帰ってきた。

NIKON Df + AF NIKKOR 24-85mm f/2.4-4D IF @Hanahata OtoiJinja Shrine (c)tsunoken

« 今日は一の酉・準備編 | トップページ | 『損したくないニッポン人』って、著者の高橋さんのことだったのね »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/62617864

この記事へのトラックバック一覧です: 花畑大鷲神社の一の酉:

« 今日は一の酉・準備編 | トップページ | 『損したくないニッポン人』って、著者の高橋さんのことだったのね »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?