フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« なんとも不思議な写真集『中平卓馬 サーキュレーション―日付、場所、行為』 | トップページ | ぶり街道 »

2015年10月27日 (火)

御射鹿池≠東山魁夷

 その池は紅葉の山道を走っていると突然現れる。

Dsc_00962

 長野県茅野市奥蓼科にある「御射鹿池(みしゃかいけ)」であります。

Dsc_00972

 う~ん、綺麗だなあ。岸辺の風景がクッキリ水面に写ってます。

「御射鹿池」の名前は、諏訪大社に伝わる神に捧げるための鹿を射るという神事、御射山御狩神事にその名前の由来があるそうだ。

Dsc_01092

 でもこの池、自然にできた池じゃなくて、農業用のため池なんですね。

 下の写真の左にある川から流れ込んで、上の写真の右の方が土手になっていて水を溜め、その脇から下の方へ流れて行きます。

Dsc_00232

 それにしても、この眺めってどこかで見たことがあるよなあ、という貴方、正解です。

Dsc_00212

 東山魁夷の有名な「緑響く」という絵画のモチーフとなった池で、シャープのAQUOSというテレビのCMで吉永小百合と一緒に写っていた湖畔に馬が走っている絵なんですね。季節は違うけど。

Photo(c)東山魁夷

 まあ、それにしても絵画の天才と、写真の凡才じゃ比較になりませんなあ。

 先週の土曜日と日曜日、大学時代の悪友と毎年春と秋に行く温泉旅行の一場面でした。

 しばらくこの旅行ネタ続きそう(かな)。

 静かに見えるけど、実際には岸辺にはカメラマン大量で、結構それを自分の写真に入れないようにするためにはジャマなんですけどね。

 あ、私もその一人か。

NIKON Df + AF NIKKOR 24/85mm f/2.4-4D IF @Chino Nagano (c)tsunoken

« なんとも不思議な写真集『中平卓馬 サーキュレーション―日付、場所、行為』 | トップページ | ぶり街道 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/62551890

この記事へのトラックバック一覧です: 御射鹿池≠東山魁夷:

« なんとも不思議な写真集『中平卓馬 サーキュレーション―日付、場所、行為』 | トップページ | ぶり街道 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?