フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 御射鹿池≠東山魁夷 | トップページ | 北八ヶ岳ロープウェイは便利なんだけど »

2015年10月28日 (水)

ぶり街道

 先週行った旅ネタの続きです。

 中央高速の石川サービスエリアで小休止したら、「ぶり街道SAキャンペーン」ってのをやっていた。

Dsc_00012

 なんでも富山湾でとれた寒ブリを塩漬けにして、越中から飛騨の国、高山まで山道を人が運んだのでその道を「ぶり街道」という。飛騨の国では「塩ぶり」「越中ぶり」と呼ばれたんだそうだ。

 富山を出た国道41号線は、富山と岐阜県の県境あたりで、現在の国道41号線沿いの「越中東街道」、高山本線沿いの「越中西街道」と呼ばれる二つのルートが分かれて、それぞれ高山で合流する。

 高山からは野麦峠を越えて信濃の国、松本まで運んで、こちらは「飛騨ぶり」と呼ばれたんだそう。

 つまりその「ぶり街道」のそれぞれの町、富山市、飛騨市、高山市、松本市の観光キャンペーンって訳ですな。

Dsc_00022

 う~ん、「さば街道」というのは知っていたが、「ぶり街道」ってのは初めて聞いた。

「さば街道」というのは、若狭の国、小浜あたりでとれた「さば」をやはり塩でしめて京都まで人が歩いて運ぶとちょうどよい塩加減になって、京都の庶民からは重宝されたそうだ。

 現在は小浜市などに「さば寿司」の製造をやっている店が数多くあり、そこから国道367号線や国道27号線をクルマで走って京都まで運んでくる。

Dsc_00072

 京都には上のような「さば寿司」の専門店があって、本当に「さば寿司」だけを食べさせてくれる。それ以外のネタはない。それ以外のネタはないけど……美味しいから許してしまう、というお店なのだ。

 私が行ったのは下加茂神社そばの「鯖街道 花折 下鴨店」というところ。

Dsc_00622

 勿論、「さば街道」って言ったって、さばだけを運んでいたわけではなくて、それ以外の海産物なども運ばれたわけで、つまり北国と京都を繋ぐメインのルートだったって訳。

 現在は福井県小浜市と京都市左京区出町柳を昔のルートで走り通す「鯖街道ウルトラマラソン大会」というのが行われているそうで、ルートの大半が未舗装路で高低差も大きいことから別名「ウルトラ山岳マラソン鯖街道マラソニック(マラソン+ピクニック)」とも呼ばれているそうだ。

「さば街道ってのがあるんだよね」

 なんて話をしていたら、

「ああ、もうちょっと西の方へいくとそんなのがありますね。でも、これは『ぶり街道』なんですよ」

 という突っ込みをしてきたお兄さん。いいセンスしてるね。

 じゃあ、今度は「ぶり街道」の町にでも行ってこようか。

NIKON D7000 + AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED & NIKON Df + AF NIKKOR 24-85mm f/2.4-4D IF @Ishikawa SA Hachioji & Kyoto (c)tsunoken

« 御射鹿池≠東山魁夷 | トップページ | 北八ヶ岳ロープウェイは便利なんだけど »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/62552050

この記事へのトラックバック一覧です: ぶり街道:

« 御射鹿池≠東山魁夷 | トップページ | 北八ヶ岳ロープウェイは便利なんだけど »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?