フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『かんたん「1日1食」!!』って、「万病が治る」は大袈裟だけどね | トップページ | 鶯谷・元三島神社 »

2015年9月 5日 (土)

浅草・仏壇通り

 浅草の観音様を出てちょっと南に行くと、浅草と上野をつなぐ「浅草通り」に出る。

Dsc_00082

 この浅草通りを別称「仏壇通り」と呼ぶのだそうだ。

Dsc_00132

 確かに、仏壇、仏具、位牌、数珠、線香、仏像、寺院仏具、盆提灯、神棚、神輿など、仏教・神道に関する宗教用具が何でも揃う通りではある。

 私も故人の位牌を買いに来た記憶がある。それはどうでもよい。

Dsc_00232

 で、面白いのはここ「仏壇通り」ではあるけれども、道の両側に神仏具屋さんがあるのではなくて、ほとんどの神仏具屋さんは道の南側にあるんですね。北側にあるのは1軒か2軒。

 ほら、浅草から上野に向かって右側(つまり北側)は、ほとんどがオフィス・ビルやマンションなんですね。

Dsc_00282

 道の南側にあるということは、店はすべて北側に面しているということ。

 別に、北枕とか西枕とかいうこととは関係なく、要は道の北側に店を作ってしまうと、店は南側が表になってしまって、それでは展示物が日に焼けて傷んでしまうだろうということから、店は北向き、ということは店の配置は南側、ということになったのだそうだ。

Dsc_00312

 ふ~ん、なるほどなあ。

 と思っていたら、身近にそんな例があったことに気が付いた。

 つまり、神田の古書店街、靖国通りの小川町あたりから神保町、九段下あたりまで続く古本屋さんもみんな靖国通りの南側に店を構えている。

 反対側は飲食店やスポーツ用品店などがあるんだが、まあ、それもやはり本(元々古本だからね)を日に焼けて傷ませないような気づかいなんだろうな。

Dsc_00132_2

 なるほどなあ、商店街ができるのにも、それなりの町特有の理由というか、事情がいろいろあるんだなあ。

NIKON Df + AF NIKKOR 24-85mm f/2.4-4 D IF @Asakusa, Ueno, Jimbocho (c)tsunoken

« 『かんたん「1日1食」!!』って、「万病が治る」は大袈裟だけどね | トップページ | 鶯谷・元三島神社 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/62211709

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草・仏壇通り:

« 『かんたん「1日1食」!!』って、「万病が治る」は大袈裟だけどね | トップページ | 鶯谷・元三島神社 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?