フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『THE PLATFORM』って、何だ? | トップページ | SW最終日は東京駅へ »

2015年9月23日 (水)

高円寺には高円寺はあるし、国分寺には国分寺が三つもあるのだ

 なんかあと1年で「前期高齢者」になるって歳なのに、今更「誕生日おめでとう」はないと思うのだが、まあ、いろいろ祝っていただいた方にはお礼を言っておきます。ただし、私は皆さんへは誕生日のお祝いはしません。もう「めでたく」はないもんね。

 ところで、9月20日のブログで『吉祥寺には吉祥寺はないし、やっぱり吉祥寺には吉祥寺はないのだ』なんて書いたら、フェイスブックで「高円寺には高円寺あって、国分寺にも国分寺ありますね! …言ってみたかっただけです。」というコメントを頂いたので、実際に行ってみた(って、実は知っていたんだが)。

Dsc_00872

 JR高円寺駅を南口に出て、左へ行くと氷川神社があるので、それに沿って坂道を下りて行くと、高円寺はある。

 弘治元年(1555年)開山というから、そこそこ古いお寺だが、現在も続いている。徳川家光と親しいお寺だったようだ。

Dsc_00802

 で、国分寺なのだがJR西国分寺駅をやはり南口へ出て、駅前の史跡通りを過ぎて「武蔵台遺跡公園」なんていう縄文式の竪穴住居の復元遺跡のある公園を過ぎて……

Dsc_00072

 昼なお暗き「旧鎌倉街道」の細道を下って行くと……

Dsc_00182

 まず「武蔵国分尼寺」にでる。

Dsc_00302

 金堂跡や……

Dsc_00322

 尼防跡なんかが復元されているのだが、そのスケールはかなり大きい。

Dsc_00362

 で、武蔵国分尼寺からJR武蔵野線をくぐって東へ300mほどいくと、「武蔵國分寺跡」がある。

Dsc_00472

 日本史の教科書でよく見る写真がこれ↓ですね。

Dsc_00492

 こっちは金堂跡の復元。

 国分寺は聖武天皇が仏教による国家鎮護のため、当時の日本の各国に建立を命じた寺院で、大体750年代末から760年代初め頃に作られたという。

Dsc_00572

 で、その武蔵國分寺跡の裏側にあるのが真言宗豊山派医王山「武蔵國國分寺」。こちらのお寺は武蔵国国分寺の後継寺院で、現在も稼働中。建武2年(1335年)、新田義貞により薬師堂が再建されたという。

 お彼岸のお墓詣りの人が随分来ていた。

Dsc_00652

 で、武蔵國國分寺の脇を走っているのが、「お鷹の道」という遊歩道。この「お鷹の道」の途中には「真姿の池湧水群」というのがあって、この地で湧いた水が最後は等々力渓谷まで流れて多摩川へ注いでいるのであります。

Dsc_00692

 で、お鷹の道をそのまま歩いていると、いつの間にか国分寺の駅前へでてしまいます。

 ね、「国分寺には国分寺が三つ」あったでしょ(って、元々は一つだったんだけれども)。

NIKON Df + AF NIKKOR 24-85mm f/2.4-4 D IF @Kouenji Sugnami, Kokubunji (c)tsunoken

« 『THE PLATFORM』って、何だ? | トップページ | SW最終日は東京駅へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/62331262

この記事へのトラックバック一覧です: 高円寺には高円寺はあるし、国分寺には国分寺が三つもあるのだ:

« 『THE PLATFORM』って、何だ? | トップページ | SW最終日は東京駅へ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?