フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 行きたいな『北欧フィンランド』 | トップページ | 『かんたん「1日1食」!!』って、「万病が治る」は大袈裟だけどね »

2015年9月 3日 (木)

「スポコン展」って……何だ?

「トムスエンタテインメント アニメ制作50周年記念」のイベントあるって聞いていたものだから、2020年の東京オリンピックのゴタゴタを予感していたと最近話題になっているアニメ「AKIRA」の素材にまたまた会えるのかなと思って行って松屋銀座に行ってみたら、なんとそれは「スポコン展」と題して開催されていたのだった。

Dsc_00032

 うんそういえば「あしたのジョー」や

Photo (c)高森朝雄/ちばてつや/TMS

「エースをねらえ!」や

Photo_2 (c)山本鈴美香/TMS

「アタックNo.1」や

No1(c)浦野千賀子/TMS

「巨人の星」など、トムスエンタテインメントになる前の、キョクイチ東京ムービーになる前の、

Photo_3(c)梶原一騎/川崎のぼる/TMS

 東京ムービー新社になる前の、東京ムービーの頃の作品群って、虫プロの下請けで作っていた時代を含めて、基本は「スポコン・アニメ」だったもんなあ。

Dsc_00022

 あの頃の東京ムービーって、大塚康生さんが作画指導をしながら、出崎統の斬新な演出テクニックでもって、日本の(というか東映始動の)アニメーションの世界に新しい表現技術を次々に開発し、「出崎アニメ」の世界を精一杯繰り広げていた時期ではある。

 その後、日本のアニメ・メジャーになって、「リトル・ニモ」とか「AKIRA」とか「ルパン三世」シリーズとかを作り始めて、現在の「アンパンマン」や「名探偵コナン」「弱虫ペダル」のトムスエンタテインメントになってきたという訳。

 1987年、トムスエンタテインメント年表で三鷹スタジオを作ったというのが、実はまさしく「アキラ・スタジオ」を三鷹下連雀のスーパーの二階に(私と一緒になって)作ったという事実であって、その後、「聖戦士ロビンJr.」「レイアース」などでトムスエンタテインメント(その頃はまだ東京ムービー新社)とかなり深く付き合ってきた私としては、感慨ひとしおではあります。

 その前身の「スポコン」時代の東京ムービーの回顧展なのでありました。

 まあ、それはそれでいいかな。

 その後の、キョクイチ傘下からセガサミーホールデイングス傘下になってからの状況を見ると、まだ私が付きあってきた時代の方が幸せであったかも知れない。

 とはいうものの、「トムスエンタテインメント(TMS)」というネーミングを取り戻しただけでも、良かったのかもしれないね。

「スポコン展」は9月7日まで松屋銀座で開催中。

公式サイトはコチラ

« 行きたいな『北欧フィンランド』 | トップページ | 『かんたん「1日1食」!!』って、「万病が治る」は大袈裟だけどね »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/62204756

この記事へのトラックバック一覧です: 「スポコン展」って……何だ?:

« 行きたいな『北欧フィンランド』 | トップページ | 『かんたん「1日1食」!!』って、「万病が治る」は大袈裟だけどね »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?