フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 目黒銀座商店街 | トップページ | 『年収は「住むところ」で決まる』って、何だそういうことか »

2015年8月 7日 (金)

高田城と春日山城

 上越市には大きな城跡が二つあります。

Img_0096

 ひとつは上越市高田の中心地にある「高田城」。高田城は、徳川家康の六男、松平忠輝の居城として天下普請によって造られた、高田藩庁の為の城。つまり、戦をするための城ではないので当然平城だし、天守閣もなかったという。

Img_0098

  現在も新潟県上越地域振興局なんていうお役所が城の中にある、なんていうのは如何にもお役人根性だなあ。まあ、このお役所に用事があって高田まで出かけたんだけれどもね。

 明治以降、旧陸軍第13師団の駐屯地司令部として使用するために大規模な土塁の撤去、堀の埋め立てが行われ、旧城地の東半分は旧状をとどめていない。現在は、陸上自衛隊高田駐屯地が置かれている。本丸を含めた西半分には堀、土塁の一部が残されており、現在は公園として整備されている。

 まあ、用があったのは自衛隊方面じゃないですよ。

Img_0101

 一方、妙高はねうまライン(旧・信越線)の高田駅の隣が春日山駅。そのそばにあるのが、代々長尾氏の居城で、戦国武将上杉謙信の城として知られる「春日山城」であります。

Img_0018

 こちらは完全に戦のための砦なので山城。

 うわっ、階段。と思ったんだけれども、山城の中腹、春日山神社がある辺りまではクルマで登れるんです。

 ただし、登ったのはそこまで。勿論、山頂の本丸まで行く気になれば行けたんですけれども、今回はまったくその気はなし(「心」と「体」の準備もなし)なので、クルマで上がれるところまで。う~ん、この辺が「衰え」ってやつですかね。

Img_0086

 中腹にはNHK大河ドラマ「天と地と」の際に作られた上杉謙信公の銅像がある。

Img_00372

 同じところから見た直江津の町。さすがに中腹からでもかなり見晴はいい。

Img_0052

 で、山を下りたところにある「上越市埋蔵文化センター」では「謙信公と春日山城展」が開催されている。

Img_0077

 う~ん、やっぱり越後の人にとっては、徳川家の倅よりは上杉謙信公なんだなあ。

iPhon 6 @Takada & Mt. Kasuga Castle Joetsu (c)tsunoken

« 目黒銀座商店街 | トップページ | 『年収は「住むところ」で決まる』って、何だそういうことか »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/62029248

この記事へのトラックバック一覧です: 高田城と春日山城:

« 目黒銀座商店街 | トップページ | 『年収は「住むところ」で決まる』って、何だそういうことか »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?