フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『わたしの土地から大地へ』そうか、セバスチャン・サルガドはロバート・キャパなんだ | トップページ | 『わたしの土地から大地へ』書評カメラオタク・バージョン「サルガドよお前もか」 »

2015年8月21日 (金)

ここでもやっていた中古カメラ展・知らなかったよぉ

 一昨日のこと、JR駒込駅前のハヤシ商事という中古カメラ屋さんが店を閉めていたので、「ああ、まだ夏休みかな」と思って店に近づいていくと、下のような告知ポスターが貼ってあって、こちらの方に出店しているので、その間はお休みしています、とのことだった。

Shinjuku2015

 ええっ? 中古カメラ展って言えば、2月頃に銀座松屋でやる「世界の中古カメラ市」、5月~6月に東急東横店と、10月に有楽町交通会館でやる「世界の中古カメラフェア」という、輸入カメラ協会(I.C.A)が主宰する中古カメラ展ばっかりだと、私は思っていたのだが、新宿高島屋でやる「新宿クラシックカメラ博」というのは初耳だった。

Dsc_00032

 ということで、早速、昨日新宿タイムズスクエアにある新宿高島屋へ行ってきたのであります。

Dsc_00062

 11階の催物会場でやっていた「第7回 新宿クラシクカメラ博」は主催が写真機商振興会で、I.C.Aの催しがごく一部神奈川県の中古カメラ店が入っているだけで、ほとんどが東京の中古カメラ屋さんが出店しているのに比較して、こちら「新宿クラシックカメラ博」は東京以外にも、名古屋、福岡、大阪、仙台、埼玉、神戸、前橋など、かなり広い地域の中古カメラ屋さんが参加している。

 中でもビックリしたのは、オーストリアはウィーンの中古カメラ屋さん「ライカショップ」までもが参加している。このライカショップは田中長徳氏の『田中長徳写真集 写真機店 プラハ、ウィーン、フランクフルト』という写真集で「ライカハウス」として紹介されている店なのだ。

 うわぁ、凄いなあ。

Dsc_00102

 巨大な一眼レフなんかの参考展示もすごいし……

Dsc_00112

 ポスター掲載商品なんてコーナーもあって、I.C.A主催の中古カメラ展とはまた一味違った中古カメラ展ではありました。

Dsc_00122

 しかし、こうして各デパートで中古カメラ展をやるっていうのは、それだけ中古カメラには集客性があるってことなんだろうか。

 まあ、確かに中古カメラなんかに興味を持っているのは中高年の富裕層であることは間違いないが、しかし、だからといってそのカメラ・マニアたちがデパートの他の売り場に行くなんてことは100パーセント考えられませんけれどもね。

第7回 新宿クラシックカメラ博は8月24日(月)まで

写真機商振興会の公式サイトはコチラ

『田中長徳写真集 写真機店 プラハ、ウィーン、フランクフルト』(田中長徳著/アルファベータ/1996年5月15日刊)

NIKON Df + AF ZOOM-NIKKOR 24-85mm f/2.8-4D IF @Shinjuku (c)tsunoken

« 『わたしの土地から大地へ』そうか、セバスチャン・サルガドはロバート・キャパなんだ | トップページ | 『わたしの土地から大地へ』書評カメラオタク・バージョン「サルガドよお前もか」 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/62120673

この記事へのトラックバック一覧です: ここでもやっていた中古カメラ展・知らなかったよぉ:

« 『わたしの土地から大地へ』そうか、セバスチャン・サルガドはロバート・キャパなんだ | トップページ | 『わたしの土地から大地へ』書評カメラオタク・バージョン「サルガドよお前もか」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?