フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 新宿・牛込柳町・近藤勇出世の礎 | トップページ | 『戦後70年 昭和20年という年』という催し »

2015年7月30日 (木)

『その「Windows 10」へのアップグレード、ちょっと待った!!』って、へっ?

 昨日から「Windows 10」への「Windows 8」「Windows 8.1」「Windows 7」からのアップデートが始まった

 まあ、私もそんなにアーリーアダプターという程ではないが、今使っているHP Pavilion p6-2470も実はWindows 8 が出て結構早い時期に買ったもので、その使いづらいOSにはまいった経験がある。そこで早速Windows 8.1にアップグレードしたんだが、やっぱりWindows 7 の使い良さは知っているので(というか、ラップトップは未だにWindows 7 だ)、早めにWindows 10 へのアップグレードを使用かと思ったのだが、「ちょっと待った!」って言うのは、どう言う訳?

Windows_10 『その「Windows 10」へのアップグレード、ちょっと待った!! Windows 10を知りすぎた社畜インサイダーからの警鐘』(窓際ななめ著/窓際ななめ/2015年6月1日刊)

 だいたい、窓際ななめって誰?

『筆者はWindows 10 Technical Preview およびInsider Preview のすべてのビルドに触れている。ちなみにいわゆる一般入手できる範囲だけではなくWindows Insider Program 登録者が入手可能なビルドより少々先行したビルドや、結局お披露目されなかったビルドにも触れている(本物のインサイダーということだ)。

 また、様々なメーカーの様々なフォームファクターのPCを十数台並べて、新しいビルドが出るたびにすべてのPCにWindows 10 Technical Preview/Insider Preview を導入して検証を行うことを生業としている』

 って、ものすごくインサイダーではないですか。それも「社畜」ってことはマイクロソフトの社員? って、それってメチャクチャやばくないですか? 仮にマイクロソフトの社員じゃなくても、マイクロソフトから何らかの発注でもってPreview とかしてる会社だったら、多分、そこにはマイクロソフトとの守秘義務契約がある筈だし、それを破っちゃあダメでしょう。

 とは言うものの、よく読んでみると特別なことが書いてあるわけじゃない。つまり、今、シリコンバレーでもって普通に考えられている「リーンスタートアップ(Lean Startup)」という考え方に対するスタンスなのだな。

 つまり、『「顧客に試作品という名の未完成品」を提供して、顧客に問題を出してもらう、顧客の提案や意見を吸い上げて(悪いが発想というのはタダではないはずだ)商品に反映してしまおうというものだ』ということ。

 パソコン・ソフトだったら、以前はアルファ版を作って、そこで徹底的にテストを行い、その結果をベータ版に反映し、さらにそこでベータ版を徹底的にチェックして、その後、市場に出すという方法論を行い、それでも市場に出してからはユーザーがそれを使って問題点を指摘して、その結果、バージョンアップして、やっと「普通に普及するソフト」になるのだ。ゲーム・ソフトなんかは子供が使うということを考慮して、今でもそんな感じで開発しているらしい。

 本来ならば、新商品を市場に出すということは、取り敢えずその段階では「完璧」な商品として出さなければならないはずだ。ところがこのリーンスタートアップという考え方は、そうじゃなくて、取り敢えず商品としてこれで出してもいいかな、というレベルで市場に出してしまい、その後、ユーザーからの意見を取り入れて改良していけばいいでしょ、という考え方。

 コンピュータ・ソフトなんかはそれでもいいけど、最近はクルマの世界でもそうなっているようだ。アメリカの三大メジャーとか日本のメーカーはそんなことはしなくて、テストにテストを重ねて、何度もクルマを壊して、その結果、「これなら大丈夫」って感じで市場に出すのだが、テスラ・モータースなんかはどちらかというと、このコンピュータ・ソフトの会社の考え方に近いようで、結構、新車を発表してから後のアップデートが多いようだ。

 まあ、まだテスラとしては現状アーリーアダプターだけのユーザーが多いようなので、それでもいいという考え方なんだろうけれども、これが一般ユーザーがテスラのクルマを購入するようになったらどうするんだろうという気にはなる。

 閑話休題

 まあ、要は

『「Windows 10」はまさしくこの「リーンスタートアップ」的な考え方で開発を進めているOSであり、リリース直後にWindows 10 にアップデートしようものなら、それはあなたが「ベータテスター」になったに等しい』

 ということなんだ。

 まあ、OSのアップグレードにはよくある話。

 じゃあ、Windows 10 ってのはどういうOSなんだといえば

『Windows 8 の進化をみれば「Windows 10 リリース直後は未完成&不安定&多機能未実装&未成熟」であり、ここ最近の進化のスピードを見るに数か月後には「Windows 8 におけるWindows 8.1 相当のWindows 10 (つまり一つの完成形)」が登場し、また来年(2016年)には「Windows 10 の実力が堪能できる状態」になることが予想できるのだ』

 ということだそうだ。

 う~ん、凄いな。期待しちゃおうかな。

 ということなので、我が家のパソコンもWindows 10 にアップグレードするのは2016年まで待った方がいいのか。

 それにしても、Windows 10 がどういうOSなのかは知りたいので、PCショップに行って確かめよう。

『その「Windows 10」へのアップグレード、ちょっと待った!! Windows 10を知りすぎた社畜インサイダーからの警鐘』(窓際ななめ著/窓際ななめ/2015年6月1日刊)

« 新宿・牛込柳町・近藤勇出世の礎 | トップページ | 『戦後70年 昭和20年という年』という催し »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/61980141

この記事へのトラックバック一覧です: 『その「Windows 10」へのアップグレード、ちょっと待った!!』って、へっ?:

« 新宿・牛込柳町・近藤勇出世の礎 | トップページ | 『戦後70年 昭和20年という年』という催し »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?