フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『衆 1968夏』団塊批判としてはちょっと物足りない | トップページ | 『ウザい相手をサラリとかわす技術』と言っている清水克彦さん自身がウザいんですけど、何か? »

2015年7月21日 (火)

リブロ池袋店が閉店

 リブロ池袋店が7月20日で閉店になるというので行ってきた。

Dsc_00032

 別に売り上げが低迷してきて閉店というのではなくて、それは親会社の事情という、よくわからない、というか分かりすぎる「大人の事情」なのであります。

Dsc_00082

 つまり、現在そごう・西武百貨店はセブン&アイホールディングスの傘下に入っており、セブン&アイホールディングスの代表取締役会長CEOは鈴木敏文という人。この人、中央大学経済学部卒という私の先輩なんだが、大卒後、マスコミ入社に失敗し、取次の東京出版販売株式会社(現在のトーハン)に入社、そこの取締役にまでなったところで当時のイトーヨーカ堂に入社して、セブンイレブンを起こして大成功。現在はセブン&アイホールディングスの会長であると同時に、トーハンの取締役副会長でもある。

Dsc_00092

 一方の、リブロは元々は西武百貨店の書籍売り場からスタートしたんだが、その後、西武ブックセンターとして独立、パルコブックセンターと経営統合してリブロになって、「よむよむ」何かとも合併して、現在は中規模の書籍チェーン店になっている。

 西武ブックセンターの頃は、セゾングループの統帥・堤清二氏の影響もあって、詩に力を入れていて、特に「詩だけの書店内書店」なんかを展開していた時期もあった。

Dsc_00112

 その後、セゾングループの低迷などからトーハンのライバルである日販傘下に入り、現在に至っている。

Dsc_00072

 当然、トーハンの鈴木敏文氏にとっては、そんなリブロの存在は面白くはなく、とはいっても優良テナントのリブロを追い出すわけにはいかない。

 というところで、めでたく今年の7月20日でテナント契約が切れるので、契約更新はしないということになって、リブロ池袋店は閉店ということになったという訳さ。

Dsc_00122

 で、リブロ池袋店の後には、現在、西武百貨店がセブン&アイホールディングス傘下になった時に、LOFT9階にオープンした三省堂が居抜きで入るそうだ。

 まあ、ジュンク堂や東武百貨店に入っている旭屋書店が別にリブロの閉店を喜んでいるわけではなく、競争はそのまま三省堂に相手が代わったというだけのこと。

 まあ、クラブオン・カードもそのまま使えるということなので、別に我々にとって何か変化があるという訳でもない。

 という、なんか気が抜けるような閉店騒ぎではありました。

NIKON Df + AF NIKKOR 24-50mm/F3.3-4.5 @LIBRO Ikebukuro (c)tsunoken

« 『衆 1968夏』団塊批判としてはちょっと物足りない | トップページ | 『ウザい相手をサラリとかわす技術』と言っている清水克彦さん自身がウザいんですけど、何か? »

写真・本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/61922920

この記事へのトラックバック一覧です: リブロ池袋店が閉店:

« 『衆 1968夏』団塊批判としてはちょっと物足りない | トップページ | 『ウザい相手をサラリとかわす技術』と言っている清水克彦さん自身がウザいんですけど、何か? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?