フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『絶歌』への疑問、なぜ「元少年A」なのか | トップページ | 「マンション再生協議会」って、何だ? »

2015年7月 7日 (火)

『世界の旅先ベスト25』というけれど、私の趣味じゃないなあ

『一生に一度は行きたい 世界の旅先ベスト25』って言っても、それはあくまでも著者、多賀秀行氏にとっての「ベスト25」であって、「旅先をどこにするか」というのは人それぞれの哲学なのであります。なので、人がいればいるだけの数、「ベスト25」は変わってくるのであります。

 まあ、「旅行に行きたいけれど、どこに行くのか自分では決められない人」にとっては参考になるんだろうけれども。

25〈オールカラー版〉一生に一度は行きたい 世界の旅先ベスト25』(多賀秀行著/光文社新書/2015年6月20日)

 で、多賀氏が選んだ「ベスト25」はどこなのか? 多賀氏はそれを難易度別に分けて、各行先別に「DATA」として「一般的なツアーの目安代金 日程」「一般的な行き方」「旅のシーズン」「必要な体力」「備考」を各文末に載せている。まあ、便利ではあります。

 では……

Ⅱ 難易度1の旅先
1 フランス モン・サン=ミシェル 〈世界遺産〉〈絶景〉15万円~ 6日間
2 カナダ イエローナイフのオーロラ観賞 〈絶景〉20万円~ 6日間
3 ネパール エベレスト(チョモランマ) 〈世界遺産〉〈絶景〉20万円~ 6日間
4 カナダ カアンディアンロッキー 〈世界遺産〉〈絶景〉25万円~ 8日間
5 フランス領ポリネシア タヒチ 〈南の島〉〈絶景〉 38万円~ 8日間

Ⅲ 難易度2の旅先
6 エジプト ピラミッドとルクソール 〈世界遺産〉 15万円~ 6日間
7 オーストラリア ウルル(エアーズロック) 〈世界遺産〉〈絶景〉 17万円~ 6日間
8 トルコ ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群 〈世界遺産〉〈絶景〉 13万円~ 7日間
9 ヨルダン ペトラ遺跡 〈世界遺産〉 20万円~ 7日間
10 ロシア サンクトペテルブルク 〈世界遺産〉 23万円~ 7日間
11 チリ イースター島(ラパヌイ) 〈世界遺産〉〈絶景〉〈秘境〉〈南の島〉 40万円~ 9日間
12 スイス アルプス山脈 〈世界遺産〉〈絶景〉 28万円~ 10日間

Ⅳ 難易度3の旅先
13 カンボジア アンコール遺跡 〈世界遺産〉 8万円~ 5日間
14 中国 九寨溝 〈世界遺産〉〈絶景〉 17万円~ 6日間

Ⅴ 難易度4の旅先
15 ペルー マチュピチュ歴史保護区 〈世界遺産〉〈絶景〉 28万円~ 8日間
16 アルゼンチン パタゴニア 〈世界遺産〉〈絶景〉〈秘境〉 45万円~ 10日間

Ⅵ 難易度5の旅先
17 ボリビア ウユニ塩湖 〈絶景〉〈秘境〉 38万円~ 8日間
18 ナミビア ナミブ砂漠 〈世界遺産〉〈絶景〉〈秘境〉 45万円~ 8日間
19 ベネズエラ エンジェル・フォール 〈世界遺産〉〈絶景〉〈秘境〉 45万円~ 9日間

Ⅶ 難易度0の旅先
20 世界一周クルーズ 〈世界遺産〉〈絶景〉〈秘境〉〈南の島〉 129万円~ 91日間

Ⅷ 一生に一度は行きたい旅先ベスト5
21 【第5位】アルゼンチン イグアスの滝 〈世界遺産〉〈絶景〉〈秘境〉 38万円 8日間
22 【第4位】ケニア マサイマサラ国立保護区 〈絶景〉〈秘境〉 32万円~ 7日間
23 【第3位】クロアチア ドブロブニク 〈世界遺産〉〈絶景〉 18万円~ 6日間
24 【第2位】エクアドル ガラパゴス諸島 〈世界遺産〉〈秘境〉 52万円~ 9日間
25 【第1位】南極 〈絶景〉〈秘境〉 150万円~ 14日間

 以上、「旅先ベスト25」でした。

 なんだ、結局この人〈世界遺産〉〈絶景〉〈秘境〉〈南の島〉が好きなんだけじゃないか。

 う~ん、そんなのばっかりが旅先なんだろうか。私なんかはそんなのばっかりが好きなわけではない。むしろ、人が作った「街」の方に興味があるし、そんな街の普通の旅人が行かないような裏町や、ガイドブックにも載っていないような普通の町の人が住んでいる場所なんかの方が好きだし、行ってみたい。って、そうか、それもある種の「秘境」なのかなあ。

 一昨年、香港に行った時も「屏山文物徑(ピンサン・ヘリテイジ・トレイル)」とか、「元朗(イェンロン」とかの、あまり日本人や西洋人が観光に行かないところばかり行っていた。勿論、香港島にも行きましたけど、泊まったところも「九龍(クーロン)」だしね。

 なので、上の旅先で言うと、私が興味があるのはモン・サン=ミシェルよりはパリの方だし、あとはボリビアだったら首都ラパスでぶらぶらしたいし、アルゼンチンだったらブエノスアイレスに行きたいなあ。結局、多賀氏がオススメの旅先で「ここはっ」ってドンピシャなのはサンクトペテルブルク位のものかなあ。

 実はこのサンクトペテルブルクはロシア革命後にモスクワに遷都するまではロシアの首都だったわけで、なのでエルミタージュ美術館とか血の上の救世主教会とかペテルゴフ宮殿とかエカテリーナ宮殿とかの昔からの建造物がたくさん残っている政治都市だったのである。勿論、そうした建造物なんかも興味はあるが、一方でロシアの2月革命と10月革命は、まさしくここサンクトペテルブルク(旧レニングラード)で主に戦われたわけで、なのでそうしたロシア革命にちなんだ場所とか遺構なんかがある筈なのだ。で、私としてはやはりそうした場所にたって、ここがレーニンが演説した場所か、ここがトロツキーが陰謀を巡らせた場所か、という感慨にふけりたいわけなのですね。

 ソビエト連邦は崩壊しちゃったけれども、ロシア革命はやはり世界中にも、ロシアの歴史の中でもエポック・メイキングなことだったわけなので、その記念のものは残されている筈だ。すみません、多賀氏とは全く別のサンクトペテルブルク像を持っているわけなのです。まあ、その辺は1951年生まれの私と、1981年生まれの多賀氏の30年の歳の差の問題ですね。

 最後に、ガラパゴスに多賀氏が行った時のツアーのガイドが言った言葉。

『ガラパゴスに残せるものは足跡のみ。持ち帰ることができるのは、思い出だけ』

 というのは、決してガラパゴスだけではなくて、世界中どこに行っても同じだろう。世界の町に行っても、そこに勝手なものは持ち込めないし、勝手に持って帰ってきてもいけないのだ。

〈オールカラー版〉一生に一度は行きたい 世界の旅先ベスト25』(多賀秀行著/光文社新書/2015年6月20日)

« 『絶歌』への疑問、なぜ「元少年A」なのか | トップページ | 「マンション再生協議会」って、何だ? »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/61840997

この記事へのトラックバック一覧です: 『世界の旅先ベスト25』というけれど、私の趣味じゃないなあ:

« 『絶歌』への疑問、なぜ「元少年A」なのか | トップページ | 「マンション再生協議会」って、何だ? »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?