フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 老人大国「日本」を救う処方箋ってないんだろうか | トップページ | 「下流老人」だけでなく、「中年ひきこもり」というのが、もっと問題なんだが、それ以上に「朝日新聞」の劣化が気になる »

2015年7月 2日 (木)

第22回東京国際ブックフェア始まる

 今年も東京国際ブックフェアが昨日から始まった。

Dsc_00042

 講談社ブースは『なかよし』が創刊60周年ということで、基本的には『なかよし』一色の大展開。いいのかなそれで……、とも思うんだが、所詮、こうした展示会では講談社の展開の一部しか見せることが出来ないんだから、まあいいか。

Dsc_00052

Dsc_00062

 小学館は毎年同じで、「児童書フェア」の会場で図鑑の新作の売り込み。まあ、毎年夏休み前というのが図鑑が年間で一番売れる時なのだから、国内書店及び読者向けのプレゼンとしては、こんなもんだろう。

Dsc_00222

 でKADOKAWAは相変わらずベストセラーをずらずら並べる展開で、あんまりまとまりがない。「映像化」が伴わないと、結構この会社は手抜きするんですね。

Dsc_00102

 というのが大手三社の展開イメージ。

 同時開催の「第19回電子出版EXPO」も既に定着した感じで、こちらはハードウェアとソフトウェアの両方の展示をそれぞれのブースで展開。

Dsc_00152

 一番目立ったのがホライゾンのブースで、プリントオンデマンドのマシンを大展開だし、ソフトウェアの方では、相変わらずボイジャーが存在感を見せている。

Dsc_00162

 しかし、ブックフェアの一番の目的は海外市場へ向けた版権売買の場である、ということなのだ。

Dsc_00132

 なので、むしろ海外の出版社の地味なブースの方が本来のブックフェアの姿なのだ。

Dsc_00142

 ところが、日本の出版社が如何に海外へ目を向けていないかを示すのが、このバーゲンブックの展開。

Dsc_00292

「人文・社会科学書フェア」の各社ブースは完全にそんなバーゲンブックのコーナーになってしまっていて、「なんかなあ」の感じなのであります。そんな読者へのサービスは書店にまかせて、もっと版権売買に力を入れてほしいのだが……。

Dsc_00252

第22回東京国際ブックフェアは7月4日まで、東京ビッグサイトにて開催中。

公式サイトはコチラ

« 老人大国「日本」を救う処方箋ってないんだろうか | トップページ | 「下流老人」だけでなく、「中年ひきこもり」というのが、もっと問題なんだが、それ以上に「朝日新聞」の劣化が気になる »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/61822132

この記事へのトラックバック一覧です: 第22回東京国際ブックフェア始まる:

« 老人大国「日本」を救う処方箋ってないんだろうか | トップページ | 「下流老人」だけでなく、「中年ひきこもり」というのが、もっと問題なんだが、それ以上に「朝日新聞」の劣化が気になる »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?