フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 「おくの細道」旅立ちの地を巡って② | トップページ | 田中長徳写真展「WEIN ZWEI GRAMM LICHT 1973-1980」 »

2015年6月20日 (土)

AIを搭載した汎用ロボットは、やっぱり人型なんだなあ

 なんか、今、AIに関する本を読んでいながら、前から観に行こう行こうとして忘れていた映画があったことを思い出し、観に行ってきた。

 映画『チャッピー』なんですよ、これが。う~ん、全然記憶から消え去ってたなあ。マズイ、痴呆症化か? うん、もう来年は前期高齢者だしなぁ.

2 『チャッピー(Chappie)』(原作:ニール・ブロムカンプ『Tetra Vaal』/監督:ニール・ブロムカンプ/脚本:ニール・ブロムカンプ、テリー・タッチェル/製作:サイモン・キンバーグ)

 ロボット哲学ではアイザック・アシモフの「ロボット工学三原則」が有名だ。

『第一条
 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。

第二条
 ロボットは人間に与えられた命令に服従しなければならない。ただし、与えられた命令が、第一条に反する場合は、この限りではない。

第三条
 ロボットは、前掲第一条及び第二条に反する恐れのない限り、自己を守らなければならない。

2058年の「ロボット工学ハンドブック」第56版、『われはロボット』より』

 というものなんだが、なんかこうやって改めて読んでみると、すごい古典(確かに古典ではあるが)を読んでいる気がする。まあ、牧歌的というか、現在のAIのイメージまでにいたるにはどうかという感じ。

 つまり、現代のSFを見回すと、『2001年宇宙の旅』や『ターミネーター』や『攻殻機動隊』なんか完全にこの「ロボット工学三原則」から外れちゃってるもんね(あ、いや「攻殻機動隊」はまだ意識(ゴースト)だけは人間なのかな)。

 ポイントは『チャッピー』も最初はロボット工学三原則に沿ってソフトウェアは設計されているということ。

 つまり、チャッピーの設計者であるディオン・ウィルソン(デーヴ・パテール)は、当初は会社(テトラバール社/社長:ミシェル・ブラッドリー=シガニー・ウィーバー!)の指令通りに「完璧なAIではない」ロボットを作っていた。要は、上司の人間の警察官の指令通り重罪犯が立てこもるアジトなんかに「人間の楯」となって犯人逮捕に協力する「警官ロボット」だ。そのロボットが警察から大量発注されたおかげで、ロボット開発をしたテトラバール社は大受けに入っている。しかし、それはまだ「フレーム問題」に取り込まれた状態での「AI」(つまり将棋ロボットとか、IBMのワトソンとかと同じ、一種の条件的な状態でしか動かないロボット)でしかないわけで、本来の「AI」の研究者からすれば、それは「中途半端なAI」でしかない。

 当然AI研究者としては、本来の「感情を持ったり、自分の意見を持ったり、自分で更に高度な知能を開発したり」というような、まさしく人間の知性を模倣し、人間を上回る新しい人工知能ソフトウェアを開発したいわけだ。

 まあ、究極のAI研究者は「フランケンシュタイン」を作りたいわけですね。

 んで、ディオンは重罪犯の放ったロケット砲でもってスクラップ寸前の状態になってしまった警官ロボット22号を、会社の倉庫に忍んで外に持ち出し、多分、自分の家でそんな「完璧なAIロボット」を作ろうとしたんだろう。

 で、ここから物語は意外な方に展開する、と言ったお約束。

 警官ロボットを使って強盗を手伝わせようと考えているニンジャ(ニンジャ)とヨーランディ(ヨーランディ/つまりこの二人はダイ・アントワードという名前のグループで、芸名のままの役名で出ていて、音楽も担当しているという強者たち)が、ディオンの存在を掴んでしまい、ディオンはニンジャたちに捕まってしまい、そのディオンが再起動したロボットが、ヨーランディが名付けた「チャッピー」ってわけ。で、ヨーランディはチャッピーのママになっちゃうわけですね。

 勿論、チャッピーは再起動されたわけだからそれまでの記憶は一切ない、純粋無垢の生まれたばかりの赤ん坊と同じ状態だ。ただし、ビッグデータをバックに持ったインターネットに接続されているので、知識の吸収の速度は我々が想像するよりもはるかに速いのであろう。チャッピーは赤ん坊の時期から、青年になるまでの時期を、殆ど1日半くらいで過ごしてしまう。

 勿論、最初にチャッピーを起動させたディオンはチャッピーに「人を殺してはいけない」ということをまず最初に教えるので、チャッピーは人を殺すための銃なんかを持つことは拒否する。とは言うものの、ギャングどもはそんなことはなれたもんさ、ってなもんで、チャッピーに対して手裏剣とかヌンチャクとかの道具を与えて、それらの武器は自分の身を守るための武器であり、相手は「死にはしない、ちょっとだけ眠っているだけだ」と教える。更に、チャッピーには魔法の言葉。もうすぐ死んでしまう(バッテリーの電源が消失してしまう)ということを知っているチャッピーに対して、現金輸送車を襲って金を奪えば新しい肉体(というかマシーンを)手に入れられることができる、という悪魔の囁きを語るのだった。

 で、現金輸送車を襲って、一所懸命現金強奪をするチャッピーの姿が南アフリカ全土に流れるわけですね。そんなシーンをニュースで流すんだったら、それを取り締まれよ、とでも言いたくなるけど、まあそれはそれ。まあ、そんな感じで「警官ロボット」が現金輸送車を襲っているというシーンが南アフリカ全土で流れてしまったというわけなのですね。

 ということで、ディオンのライバル、ヴィンセント・ムーア(ヒュー・ジャックマン!)が開発したロボット、「ムーア」への出動命令がやっとミシェル・ブラッドリーから出るんだが、このロボットがこれまた格好悪いんだなあ。まあ、空を飛ぶ時はガンダムみたいに直立するんだけれども、攻撃する時は腰を屈めて(まあ「腰だめ」といえばそういう言葉もあるんだけれども)格好悪いスタイルで攻撃するんですね。で、このムーアとチャッピー型ロボットの一番の違いは、ムーアにはAIは搭載されていないってこと。つまり、ヴィンセントにとってはAI搭載型のロボットは人間が制御できなくなってしまう可能性があるので、それはしないっていう、ある意味、正しい選択。ただまあ、ガンダム型ロボットだったら自分でロボットの中に入れよなあ、脳波で操縦の遠隔操作じゃダメでしょう、ってことなんだが、実はロボットの中に入っちゃったらそれこそ揺れて揺れてロボット操作じゃないでしょう、ってなオチが用意されているような気がして……。でも、遠隔操作じゃ電波が出なくなっちゃえばお終いじゃない、ってその通りになったりしてね。

 結局、チャッピーは別の、バッテリーの残量がタップリある警官ロボットに精神を移して、ディオンの脳波記憶を受け継いだTEST用のロボットと一緒に行動して、ニンジャの元に行き、そこでヨーランディアの記憶が入っていたUSBドングルを見つけて、密かに(かどうかはわからないけれども)テトラバール社の工場にログインして、勝手にロボットを製造して、そのロボットにヨーランディアの記憶を注入してしまうのだ。その、ヨーランディア・ロボットの顔自体がヨーランディアの顔になっているってのは凄いけれども、どうしたんだろう。

 う~ん、これってやっぱりロボットの人間に対する勝利宣言じゃないかなぁ。

「自己増殖するロボット」が出てきたら、もう人間なんかいらないもんね。

 と、考えてきたところで、えっ? それは違うと思った。

 だって、自己増殖するロボットだって、それは単に過去の壮大な記憶の集積だけでしょう。勿論、我々、人間の歴史だってそんな過去の壮大な記憶の集積から、これから先の生きる道を探しているんだけれども、生物に関しては「突然変異」ってのがある。勿論、人間が突然変異してしまえば、人間以外の何か別の生き物になってしまうんだけれども、AIには突然変異はないでしょう(多分)。つまり、彼らにとってはすべての進化は論理的変化しかない筈。

 その辺に、「人間=生物=動物=有機物」と「AI=無機物」の違いがあるのかなあ。

 まあ、まだよくわかっていないですがね。

映画『チャッピー』の公式サイトはコチラ

これらの本も読んでおくと良いかも。

« 「おくの細道」旅立ちの地を巡って② | トップページ | 田中長徳写真展「WEIN ZWEI GRAMM LICHT 1973-1980」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/61760179

この記事へのトラックバック一覧です: AIを搭載した汎用ロボットは、やっぱり人型なんだなあ:

« 「おくの細道」旅立ちの地を巡って② | トップページ | 田中長徳写真展「WEIN ZWEI GRAMM LICHT 1973-1980」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?