フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『アイムホーム』って、結構面白い……けど、なんか原作版にはないウラがありそうだ | トップページ | 童貞か処女なのかなんて、どうでもいいことなんだけれどもなあ »

2015年6月14日 (日)

18人のカメラオタク、田園調布に集結

「18人のカメラオタク、田園調布に集結」なんて書くと、なんか怪しい集団みたいだが(まあ、充分怪しいオヤジ+女性1人ですがね)、そうじゃなくて6月9日にやったニコンカレッジの二日目、実習というか実撮影というのを昨日やったわけです。

 で、場所が田園調布にあるスタジオ・ランティーユ(Studio Lentille)っていうところ。

Dsc_01802

 1階スタジオの外にはプールや白塗りの壁なんかがあって、まあ、言ってみれば南欧風(?)の雰囲気を持ったスタジオです。

 2階には天窓から自然光を取り入れられるスタジオもあって、できればそちらで撮りたかったなあ、なんて言っても所詮素人写真なので、別にいい写真が撮れるわけでもないか。取り敢えず「与えられた条件で撮る」というのが基本ですね。

Dsc_00982

 で、その屋内・屋外でどんな撮影会をやっていたのかと言えば……。

Dsc_01002

 こんな風に、基本1人5分が持ち時間で、一人一人個人撮影ができるっていうスタイル。

 沢山の人が一斉に撮影する普通のスタイルの撮影会と違って、一人一人が自由にモデルにポージングをつけながら撮影するっていうのは、一人の持ち時間が減るかもしれないが、それもありかな、という感じ。次の撮影順の人がレフ版係りです。

 意外だったのは、このレフ版係りの人が結構レフ版を持ったことがない人が多かったということ。まあ、出版社にいると基本的に編集者はレフ版係りだから、どうレフ版を当てればいいかは皆知っているのが当たり前だと思っていたら、意外とそうではなかったというのが新発見かな。レフ版の当て方をカメラマン自身から指示しているひとは、私を含めて三分の一くらいだったかも知れない。

Dsc_01202

 で、昨日のモデルさんはブラジル出身で、来日10年目というエマさん。

Dsc_01552

 なかなか可愛い人で、さすがに自分の魅力をどうやったら出せるかを知っていますね。

 ただし、この写真は課題写真ではなく、講師のハヤシ アキヒロ氏が仕込んだポーズ。

 なので、私の課題写真は6月23日にニコンカレッジ第3回の「講評」があるので、そこを通った写真を6月24日に偉そうにに掲載します。

NIKON Df + Ai NIKKOR 50mm/F1.4 @Tamagawa Denenchofu Setagaya (c)tsunoken

« 『アイムホーム』って、結構面白い……けど、なんか原作版にはないウラがありそうだ | トップページ | 童貞か処女なのかなんて、どうでもいいことなんだけれどもなあ »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/61737654

この記事へのトラックバック一覧です: 18人のカメラオタク、田園調布に集結:

« 『アイムホーム』って、結構面白い……けど、なんか原作版にはないウラがありそうだ | トップページ | 童貞か処女なのかなんて、どうでもいいことなんだけれどもなあ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?