フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 豊島区役所新庁舎稼働開始 | トップページ | 関東学生アメフト春ゲーム・しかしパントばかりじゃね »

2015年5月 9日 (土)

『中年童貞』って結構深刻な話題だったんだ

『ルポ 中年童貞』ていうタイトルから想像するのは、ヲタクが童貞をこじらせて、一生セックス(女)を知らずに過ごすさまを嗤い飛ばした本なのかと思ったら、実はそうではなくて結構深刻なテーマだったのであります。

Photo 『ルポ 中年童貞』(中村淳彦著/幻冬舎新書/2015年1月30日刊)

 まず、目次から見て行くと、

第一章 秋葉原は中年童貞天国
第二章 妄想に生きる高学歴中年童貞
第三章 ネット右翼と中年童貞
第四章 女への絶望から男で童貞喪失
第五章 童貞喪失を目指す学校

 辺りまでは、最初に書いたような「童貞を嗤っちゃう」に近いルポで、基本的に高学歴中年童貞を扱っているのだが、

第六章 中年童貞の受け皿となる介護業界
第七章 中年童貞はこの社会が生んだ

 となると、ちょっと深刻な問題を含んでくる。

『国立社会保障人口問題研究所「第14回出生動向基本調査」(2010年)によると、20~24歳の未婚男性で性交経験がない人は、40.5%と前回(2005年)に比べ6.9ポイント上昇、さらには、30~34歳の未婚男性のうち、性交経験がない人の割合は26.1%となっている。おおよど、4人に1人以上が童貞という計算だ。
 この数値を元に計算すると、30歳以上の未婚男性はおおよそ800万人、全国に209万人の中年童貞がいることになる。これは長野県の総人口と、ほぼ同数だ』

 っていう数字を見ると、なんか気持ちが悪くなる。だって、長野県民全体が童貞ってことを想像するとね。っていうか、長野県に同数の男女がいるっていう風に考えると、およそ長野県民、群馬県民の男全体が童貞ってことでしょう。うわあっ、気持ち悪っ!

『「国勢調査に基づく未婚率の推移」(2010年)に、35歳を過ぎた未婚男性が、44歳までに結婚できる割合は3%という衝撃のデータが出ている。2006年、35~39歳男性の未婚率は30.9%、2010年の40~44歳は27.9%とい内訳で、35歳を過ぎた男性は、ほぼ結婚はできない』

 っていうデータもちょっと衝撃的で、勿論「未婚率≠童貞率」なんだけれども、私は35歳で結婚した(勿論「童貞」ではなかったし「素人童貞(フーゾクの女性とは経験があるが素人の女性とは経験がない)」でもなかったのですが)わけだが、その結婚できる割合が3%ってことは、もしかすると私も結婚できなかったかも知れない、ということだったんだ。まあ、別に結婚しなくてもいくらでもセックスできるわけだから、そのこと自体は深刻ではないけれどもね。

 で、第六章、ここに低学歴中年童貞の典型例が示されている。

『介護業界では、私を含む本業に暗雲が垂れ込め始めた能力の低い零細経営者、お金と社会的名誉の両方を掴みたい自己顕示欲が強い社会起業家、安定だけを求める個のない人々、能力がないのに意識だけが高い若者、圧倒的需要を利用しようとする雇用政策関係者、そして中年童貞を筆頭とする社会から弾かれた行き場のない人たちが、介護福祉という美名に群がって、様々な思惑を複雑に絡ませ合っている。もちろん真面目に働いている人もいるものの、それ以外の人の割合があまりにも多いのだ』(下線、引用者)

『国の政策やハローワークの勧め、膨大な求人量がある広告などを経由して、解雇やリストラ、能力が低いなどの理由で行き場をなくした中年男性たちが大量に介護業界に流れている。そして全国的に人材不足のため、誰でもほぼ無条件で採用されている。現在のトラブルまみれの介護現場の末端の荒廃は、採用のハードルの低さと、社会的に必要という“美名”を強調したアナウンスが招いた結果である』(下線、引用者)

『介護は本来、専門的知識と経験に基づいてサービスを提供する専門職である。実施計画では職業の専門性、高齢者の命を預かる重要性がまったく考慮されていない。ホームヘルパー2級は8時間の座学を8日間、それと介護施設での2日間の研修で取得できる極めて簡単なもので、介護人材としての能力やスキルを担保する資格ではない。訪問介護ではホームヘルパー2級の資格が必須であるが、ほとんどの施設ではホームヘルパー2級は無資格未経験と同じ扱いとなっている』

『介護事業者の実態調査は各都道府県で行われている。例えば岐阜県では「岐阜県で2012年度に退職した介護職員は『3年以内』が64パーセント、介護関係の職場を辞めた経験のある職員に離職理由を尋ねると、もっとも多かったのは『職場の人間関係の不満』で29パーセント、続いて『労働時間や勤務体制の不満』で28パーセント、『給与、賃金への不満』が23パーセント」(岐阜新聞)となっている。
 上位を占めている「人間関係の不満」や「労働時間の不満」の一部は、「物事の考え方や行動が極端にズレている」中年童貞が原因となっているケースが多いはずだ』(下線、引用社)

『中年童貞に浸食された多くの介護事業所や採用のハードルの低い産業の末端は、以上に高い離職率、反響のない求人、終わりのない職員同士のトラブル、いがみ合い、仕事が終わらないといった状態に悩まされているはずだ。低賃金と人材不足の問題だけは表面的に社会に可視化されているが、人材の質の極端な低下には蓋がされ、隠蔽されている。
 介護施設のような社会的に過剰評価されている職場の末端にいる中年童貞は、プライドが高い。彼らのことを思って意見を投げかけても会話ができないので矯正は難しい。自ら“社会的な死”を望んでいるとしか思えない状態なのだ』

 となると、その介護職員自身が誰かの介護が必要になるのではないだろうか、なんて笑い話をしている場合じゃない。「ホームヘルパー2級」という極めて取るのが楽な資格をもっているというだけで、何か自分が偉い人間になったつもりになって、やたらプライドだけが高い低学歴中年童貞が、そうやって介護施設の中で無能力でありながら、生き延びているっていう姿を想像するだけでも、何か気持ちの悪さを感じてくるのは私だけだろうか。

 多分、その中年童貞にとっては「ホームヘルパー2級」というのが人生で初めて自ら取った資格なんだろうな。元々。コミュ障で他人との関係がうまく築けない人が、なんで極めて高いコミュニケーション能力を必要とする職場で働いているのだろうかと言えば、単純にそのような「低賃金でキツい職場」で働きたいと考えている人が少ないということなんだろう。じゃあ、そういう人間はその職場から追放すればいいのかということになると、そうはいかないから問題が多くなるのである。

 本当は、こういう人は社会の片隅でひっそりと非正規工場労働者にでもなっていていただきたいのになあ。

『ルポ 中年童貞』(中村淳彦著/幻冬舎新書/2015年1月30日刊)Kindke版も出ている。

« 豊島区役所新庁舎稼働開始 | トップページ | 関東学生アメフト春ゲーム・しかしパントばかりじゃね »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/61548828

この記事へのトラックバック一覧です: 『中年童貞』って結構深刻な話題だったんだ:

« 豊島区役所新庁舎稼働開始 | トップページ | 関東学生アメフト春ゲーム・しかしパントばかりじゃね »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?