フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« やっぱり北欧系よりはラテン人だな、の『となりの席は外国人』 | トップページ | 活動的でない一日は写真の整理など… »

2015年5月21日 (木)

『人気ブログの作り方』って、基本的にはキャッチーなタイトル付けが大事ってことね

 まあ、問題はどういう目的でブログを始めるかということなんだよなあ。

Photo_2人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術』(かん吉著/かん吉/2015年4月26日刊)

『ソーシャルメディアブームで、すっかり影を潜めてしまったと思ったら、役割の補完関係が見直され、一気にメインプレイヤーに返り咲いたブログ。やっぱり時代はブログだと、新年を迎えて、新たな気持ちでブログを始めてみようと思っている方は多いはずです』

 と言ったってなあ、何を目的にブログを始めるのかが問題じゃないか。単なる自己表出というのならそれはよい。そうじゃなくて「何か別のものを目的に始めるブログ」だったら、その「別のもの」にどうやったら読者がアクセスしてくれるのか、あるいは「ブログでお金儲け」っていうのなら、どうやったら読者がブログ主が勧める商材にアプローチしてくれるのか、といった戦略的なものをまず最初に考えなきゃならないだろう。

 勿論

『週一更新と、毎日更新では7倍スピードが違います。7年かかることを、1年でまわせるのです。努力すれば、自力でタイムマシンを動かすことができます。皆さんに悠長に構えられている余裕は無いはずです。ぜひとも毎日更新を目指していただきたいです』

 というのは当然としても、問題は

『リツィートされるブログ記事の特徴は、ずばり「タイトルがキャッチー」であったこと。人々は、面白い記事をリツィートしたいのです。キャッチーなタイトルは、伝わりやすいので、リツィートされやすいのでしょう』

 って言われちゃうと、結構タイトル付けにはいい加減な姿勢でいる、私のブログでは弱点だなあ。

 ということで、キャッチーなタイトル付け講座

『【基本編】これさえ守れば間違いない、ブログ記事タイトル作成ルール

1)記事を全部書いて、一度読んだあとにタイトルを考える

2)記事を読んだ後に得られる、快適で素晴らしい生活を想像しながら考える

3)専門用語や、ニッチなブランド名は利用しない

4)なるべく短くする

【応用編】ブログ記事タイトルを更にキャッチーにするためのテクニック

5)「あなたの~」からはじめる

6)コンプレックスを刺激する

7)数字を入れる

8)タイトルの最後を「~の方法」「~の理由」にする

9)過去のキャッチコピーを真似る

 なるほどなあ、そういうことか。確かに、別に「ブログで何をしよう」という別目的があるわけでもない「tsunokenのブログ」なので、それでアフィリエイト収入を得ようというようなブログ主みたいなアセリはないにしても、そうは言ってもやはり沢山の人に読んでもらいたいという「欲望」はあるわけで、基本的に「PV稼ぎ」はしたいわけです。

 やっぱり「PV(Page View)」っていうのはブログ書きのモチベーションにはなるわけで、一時期毎日700~1000PVくらい稼いでいた「tsunokenのブログ」も、最近は300くらいで低迷しているわけです。それでも毎日毎日300人の人が読んでくれている、というのが私のブログを書くモチベーションにはなってはいるのだが、当然、読んでくれる人が多けりゃ多いほど、モチベーションはアップするので、やはり、「キャッチーなタイトル付け」は気になるなあ。

 といことなので、明日からは(今日からだろっ)上記を気にしながらタイトル付けを考えよう。確かに、週刊誌なんかはタイトルだけで売っているようなもので、買って読んでみると、まさしく「羊頭狗肉」ってのはこういうことだったんだぁ、ってのがありますもんね。この間の『週刊現代』「独占!NHK朝ドラ『マッサン』のエリーが「全裸ヘアヌード」を初公開 見えなかったらお代はお返しします」みたいなもんだ。

 ようし明日からは(今日からでしょっ!)キャッチーなタイトルで勝負だっ!

『ブログ全体のPVのうち、検索エンジン経由が70%を超えるようなブログは要注意。検索エンジンの進化は、基本的に人間の脳に近づく方向に進みます。リピーターがいないブログは、人間から離れているということです。いずれ検索エンジンから駆逐される運命です』

 って? え、やばいんじゃね?

「tsunokenのブログ」の場合は検索エンジンからが73.2%(Yahooが36.7%、Googleが63.5%)、SNSからが1.9%(!)、その他が4.0%で、多分リピーターである「参照元なし」っていうのが20.9%であります。

 つまり「tsunokenのブログ」の成否はGoogle様が握っているということなのか。

 う~ん、これは怖いことではあるが、でも20.9%のリピーター様が私の頼り。つまり60人位の人が、毎日毎日「tsunokenのブログ」を必ず読んでいるってことで、これは週にのべ420人、月に1800人になる訳であります。んじゃあ、それはそれでミニコミ的なメディアとしての最低線はなんとか維持している訳で、別に卑下しなくてもいいんじゃないか。

 別に月数百万PVを稼いで大きなメディアになることを狙っているのではない、「tsunokenのブログ」の基本は、tsunokenの単なる自己表出でしかない訳で、まあ、取り敢えず言いたいことが、外に出せるメディアであればいい、ということなので、取り敢えず今後ともお付き合いの程を。

 でも、タイトル付けだけは、ちょっと考えよう。

人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術』(かん吉著/かん吉/2015年4月26日刊)確かに、こんな電子書籍は紙版では出ないことは分かるが、KDPだからって言って、何にも奥付がないってのもなあ。

« やっぱり北欧系よりはラテン人だな、の『となりの席は外国人』 | トップページ | 活動的でない一日は写真の整理など… »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/61610174

この記事へのトラックバック一覧です: 『人気ブログの作り方』って、基本的にはキャッチーなタイトル付けが大事ってことね:

« やっぱり北欧系よりはラテン人だな、の『となりの席は外国人』 | トップページ | 活動的でない一日は写真の整理など… »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?