フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« まあ、GWは行っちゃいけないのかな「闘牛」ってな訳はないのか | トップページ | 越後長岡藩と言えば河井継之助でしょう »

2015年5月 5日 (火)

今年の山古志牛の角突きは、長岡市編入10周年記念なのだった

 昨日のブログはなんか疲れちゃってイイ加減なブログになってしまった。

 ということで、今日は山古志牛の角突き一日目。

Dsc_00052

 まだ、雪が大分残る旧山古志村の池谷闘牛場に行ってみれば、12時前についた筈なのに、もう駐車場は満車状態で、下の道路に車を止めなければならない状態に……。

Dsc_00132

 闘牛場に上がってみてその謎が解けた。

 昨日の牛の角突きは「新市合併10周年牛の角突き大会」なのだった。つまり、2004年10月23日の中越地震の後、2005年4月1日に旧山古志村は長岡市に編入されて、ちょうど10年になるということなのだった。

Dsc_00372

 で、長岡のお偉いさんがたくさん来てて、その関係者もたくさん来ているという訳なのだった。出場する牛も大会セレモニーで面綱をつけて試合前に一頭づつ紹介される。

 まあ、力士の土俵入りみたいなものか。

Dsc_00362

 とは言うものの、それ以外は普通の牛の角突きと同じだ。

「山古志牛の角突きブログ」のブログ主「あっちゃん」も、一昨日は小千谷で勢子をやっていたが、山古志に来れば「勢子長兼実況&解説者」だ。

Dsc_00522

 牛たちもごく普通に佇んでいます。

Dsc_00532

 試合は一番の中野の薬師大力対八王子の一竌から……全十四番(一昨日の小千谷は全二十四番、やっぱりスケールが違うな)行われたのだが。

Dsc_00692

 結びから二番前の岩手の柿乃花ゴールド対中野の新屋の試合がまさしく横綱相撲で面白かった。

Dsc_01342

 勿論、結びの一番、大久保の角蔵号対梶金の新宅の試合も物凄かったけれども……

Dsc_01472

 柿乃花ゴールド対新屋も負けず劣らず面白かった。手に汗握るっていうのはこういうことを言うのだな。

Dsc_01602

 えっ? 帰り。勿論、関越道は赤城高原SAから、前橋IC~藤岡JCTを除いて、鶴ヶ島JCTまで全部、渋滞っ! お尻が痛い。

NIKON Df + Ai AF Zoom Nikkor 24-85mm/F2.8-4 D & SIGMA DG 150-500/F5-6.3 APO HSM @Yamakoshi Nagaoka (c)tsunoken

« まあ、GWは行っちゃいけないのかな「闘牛」ってな訳はないのか | トップページ | 越後長岡藩と言えば河井継之助でしょう »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/61539904

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の山古志牛の角突きは、長岡市編入10周年記念なのだった:

« まあ、GWは行っちゃいけないのかな「闘牛」ってな訳はないのか | トップページ | 越後長岡藩と言えば河井継之助でしょう »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?