フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『ズームレンズは捨てなさい!』って言われてもなあ | トップページ | 『NEWSポストセブン』がリアル紙雑誌になった……って言っても多分1回限りのMOOKですけどね »

2015年4月 8日 (水)

えっ、“カンガルー”って「知らない」ってことじゃなかったの?

 本当はこのネタ、明日のブログで書くつもりだったんだけれども、昨日の東都大学野球2015年春シーズン・インが駒澤大対拓殖大の一試合だけになってしまい、中央大対専修大が今日に順延となってしまったので、取材できなくなってしまい、急遽差し替えってことで……。

 まあ、もともと小ネタなんですけれどもね……。

 なので

 カンガルーという動物に関して調べていたら、なんとWikipediaにとんでもない記事を発見してしまった!

 とタイトルだけは、ハデにやっちゃいます。

 ネタは本当に小さいです。スイマセン。

Dscf65262

 Wikipediaに曰く

『「カンガルー」は、もともとカンガルー(跳ぶもの)を指した現地語 gangurru が変化したものであると考えられる。西洋人がカンガルーを指して「あの動物は何と言うのか」と聞いたところ、現地人は(外国語では何を言いたいのか)「わからない」という意味で「カンガルー」と答え、これがこの動物の通称となったという逸話が、テレビの情報番組で紹介されたり、中学の英語の教科書にも載ったことがあるが、これは俗説である。なお、オーストラリア周辺には多くの部族が住むため、すべての部族がカンガルーのことをこう呼ぶわけではない。
 カンガルーという語がはじめて記録されるのは、ジェームズ・クックの最初の航海について記述したジョセフ・バンクス(王立協会会長を務めた貴族)の文章で、このときは「Kangaru」と綴られた。元々はグーグ・イミディル語で灰色のカンガルーの意味であったが、すぐにカンガルー全体を示す英語として使われるようになった』

 とのこと。

Dscf65352

 えっ? そうだったの?

 オーストラリア探検に行ったジェームズ・クックが、飛び跳ねる動物を指して、「あれは何て言う動物だ?」と現地人に聞いたところ、「カンガルー(わからない)」という返事が返ってきたので、カンガルーはカンガルーという名前の動物と言うことになった。という話しを、多分上野の鈴本演芸場の落語のマクラかなんかで聞いて、「お、こりゃ使える」と早速家に帰って、それをネタにした脚本を書いて、最後に「カンガルーが『わからない』という意味だったことに、後から気がついたジェームズ・クックは『クック』と苦笑いしました」というオチをつけて、私が脚本・演出・主演でクラスで上演したのが、小学校6年生のとき。

 結構、受けたんですけれどもね……。

Dscf65292写真はすべて上野公園のカンガルー

 う~ん、あの時のネタは「俗説」だったのか。

 ならば、私の小6の際の名誉はどうなるんだ、って言っても、もう皆忘れているか。

 って言う程度の小ネタですがね。何か印象的なWikidediaの記事だったもんで……。

Fujifilm X10 @Ueno Zoo (c)tsunoken

« 『ズームレンズは捨てなさい!』って言われてもなあ | トップページ | 『NEWSポストセブン』がリアル紙雑誌になった……って言っても多分1回限りのMOOKですけどね »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/61400542

この記事へのトラックバック一覧です: えっ、“カンガルー”って「知らない」ってことじゃなかったの?:

« 『ズームレンズは捨てなさい!』って言われてもなあ | トップページ | 『NEWSポストセブン』がリアル紙雑誌になった……って言っても多分1回限りのMOOKですけどね »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?