フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『限界集落』は明るく楽しく | トップページ | 根津神社・つつじの旬はまだ先のようで »

2015年4月13日 (月)

富士見市・水子貝塚公園は歴史の資料館だ

 一昨日のララポート富士見に行く途中で発見(大袈裟!)したのが、この「水子貝塚公園」なのでした。

Dsc_00022

 高輪や大森あたりの海岸線の高台に貝塚が作られるのはよくわかるが、こんな内陸の富士見市あたりに貝塚があった、というのがちょっと不思議な感じがして、見に行ってきたわけです。

Dsc_00042

 現在、公園として整備されているのは、縄文時代に円形集落があったところで、かなり広い。竪穴式住居も三田台公園のようなコンクリートじゃなくて茅葺で昔通り作られています。

Dsc_00162

 中にもちゃんと縄文人がいます。

Dsc_00182

 で、こんな茅葺住宅が五つあるのが、水子貝塚公園。すごいな。

Dsc_00262

 この白いところが貝塚が発見された場所。下の写真が中でも一番大きい貝塚跡なんだけれども、どうも竪穴式住居が寿命を終えて壊された後に、そこをゴミ捨て場(つまり貝塚)として使っていたようで、集落内に貝塚がいくつも点在している。

Dsc_00312

 ただ、まあ、貝塚公園自体は「貝塚」というよりも、近隣住民たちの憩いの「公園」として整備されているようで……。

Dsc_00282

 なんか、お遊びで来た人たちの物置になっていたりしている。

Dsc_00292

 まあ、現代風竪穴式住居で遊んでいる人もいるしね。

Dsc_00352

 で、公園に隣接されている「水子貝塚展示館」に行ってみると。

Dsc_00382

 縄文時代の地形の解説がある。つまり、現在の利根川流域は殆ど栃木県に近いところまで、荒川、入間川流域はほとんど群馬県あたりまで海域だったということがわかる。

 う~ん、なのでこんな内陸であっても貝塚があるんだ。と、納得。

Dsc_00412

 展示館には竪穴式住居跡の展示とか。

Dsc_00492

 貝塚によくある貝塚剥ぎ取り見本とかがある。

Dsc_00462

 で、これが縄文時代の集落と海の関係がわかる展示。

Dsc_00542

 公園内にあるもうひとつの「富士見市立貝塚資料館」に行ってみた。

Dsc_00592

 こちらには富士見市の遺跡地図があって、すごいな富士見市、こんなに遺跡が沢山あるんだ。

Dsc_00612

 というか、東京と違って地域開発が遅れていた富士見市のほうに、多くの遺跡が損傷されずに残っていた、ということなんだろうな。

 なにせ、東京(江戸)は開発に次ぐ開発で、それ以前の遺跡なんかはほとんど残されていないからなあ。

 東京でせいぜいある遺跡は、江戸時代までのものなんだものなあ。ウチのマンションなんかもそうだった。

NIKON D7000+AF-S NIKKOR 18-105mm/F3.6-5.6 G ED @Fujimi (c)tsunoken

« 『限界集落』は明るく楽しく | トップページ | 根津神社・つつじの旬はまだ先のようで »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/61429829

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見市・水子貝塚公園は歴史の資料館だ:

« 『限界集落』は明るく楽しく | トップページ | 根津神社・つつじの旬はまだ先のようで »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?