フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 東京・世田谷・松陰神社 | トップページ | 『灯台ができるまで』じゃなくて「灯台もと暮らし」を読んでみようかな »

2015年3月 9日 (月)

世田谷城(址公園)を偶然発見!

 面倒くさい確定申告の書類も完成したし、早速今朝、確定申告に行ってきます。

 ということで……。

 昨日行った松陰神社から世田谷区役所を過ぎて行くと、烏山川緑道という、烏山川を暗渠にして遊歩道にした道がある。そのまま烏山川緑道を過ぎて更に西へ少し行くと、あるんですねえ。世田谷城(址公園)。

Dsc_00392

「おおっ、世田谷城(址公園)」ってなわけで、関東の城跡めぐりが好きな私としては感動の嵐であります。なにせ、今回は予想していなかったからね。

Dsc_00422

 城址公園としてはあまり広くはないが、ちゃんとあります、土塁と空堀。

 上に書いた烏山川を天然の要害として、使っていたようで、烏山川が城の三方を取り囲んでいます。

Dsc_00482

 で、あまり広くはない城址公園の裏側に回って見ると、何やら土塁の続きがあるようです。

Dsc_00542

 で、更に行くとお寺の参道があって……

Dsc_00652

 お寺の山門がある。

 つまり、この寺こそ付近の地名にもなっている「豪徳寺」なんです。

 実は、この豪徳寺こそ世田谷城の本丸があったところ。と考えると城域は結構な広さになるということ。

Dsc_00592

 世田谷城は吉良家の城で、応永年間(1394年~1426年)に居館として整えられ、吉良頼康の父、成高が城として整備したらしい。

Dsc_00682

 世田谷城(豪徳寺)から更に西に向かうと、東急世田谷線の宮の坂駅に出て、それを越えると世田谷八幡宮の前に至る。

 世田谷八幡宮は吉良頼康が天正15年(1587年)に建立したそうだ。

Dsc_00692

 がその3年後、天正18年には豊臣秀吉の小田原攻めで北条氏は滅んでしまい。北条氏に従っていた世田谷城も接収され、廃止されてしまった。まあ、武家の運命なんて分かりませんね。

NIKON D7000 AF-S NIKKOR 18-105mm @Setagaya Castle (c)tsunoken

« 東京・世田谷・松陰神社 | トップページ | 『灯台ができるまで』じゃなくて「灯台もと暮らし」を読んでみようかな »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/61240051

この記事へのトラックバック一覧です: 世田谷城(址公園)を偶然発見!:

« 東京・世田谷・松陰神社 | トップページ | 『灯台ができるまで』じゃなくて「灯台もと暮らし」を読んでみようかな »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?