フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 川越城本丸御殿 | トップページ | 浮間舟渡にあるスゴいモノ »

2015年3月22日 (日)

「物流博物館」って、何だ?

 品川駅を下りて高輪口を出て、ウィング高輪とシナガワ・グース(旧ホテル・パシフィック東京)の間にある柘榴坂(ざくろさか)を上がって、上がりきったところにあるカトリック高輪教会の裏に「物流博物館」がある。

Dsc_00032

「物流博物館」って何だ? って、思うでしょ。そりゃそうですね。

 なんでも、元々は日本最大の物流会社、日本通運の本社内に設立された「通運資料室」を元にして、現在は公益社団法人利用運送振興会が運営を行って、要は物量事業や「運ぶ」という事業に理解を深めて行ってもらおうという博物館活動を行っている、ということなのだそうです。

Dsc_00142

 館内は、まず1階に「物流の歴史」という展示があって……

Dsc_00062

 江戸時代の物流、つまり問屋場のありかた何かを説明している展示があります。

Dsc_00072

 さらに、明治期に至って、鉄道が敷設されると、当然、鉄道を利用した物流があるわけで、そんな際に必要になった「貨物駅」の展示があるわけですね。

Dsc_00102

 その他、江戸時代の物流なんて展示を見ていたら。

Dsc_00122

 おお、ありました! 最初の頃の「○通」の法被と前掛け。さすがに「腐っても日通」ですね。

Dsc_00152

 ワンフロア下がって地下1階にいくと、「現代の物流」と言う展示です。

Dsc_00172

 ここには、現代の物流の4大方法である「陸上輸送」「鉄道輸送」「海上輸送」「航空輸送」の四つの輸送の状況や、ジオラマがあって、具体的にどんな輸送があるのかが分かるようになっています。

Dsc_00202

 まあ、あまり興味はないでしょうが、東京にはこんな博物館(上野だけじゃないよ)もあるんだってことで、多少は興味を持っていただければと思って、書きました。

 いやいやいや、東京には「目黒寄生虫館」ってのもありますぜ。こんなの聞いた事もないでしょ、ってのはまた別の機会にやります。

NIKON D7000 AF-S NIKKOR 18-105mm @Takanawa Minato (c)tsunoken

« 川越城本丸御殿 | トップページ | 浮間舟渡にあるスゴいモノ »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/61316278

この記事へのトラックバック一覧です: 「物流博物館」って、何だ?:

« 川越城本丸御殿 | トップページ | 浮間舟渡にあるスゴいモノ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?