フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『ふしぎな国道』で感じる日本の常態 | トップページ | 『世界はすでに破綻しているのか?』まあ、2015年末にはまず日本が今度は本当に破綻するでしょうね »

2015年1月26日 (月)

文京区本駒込六丁目・大和郷

 1月23日のブログ「『東京は世界1バブル化する!』というのを逆手にとって資産防衛」でちょっと触れた文京区本駒込六丁目について追記します。

 文京区本駒込六丁目というのは、下の地図で赤線で囲まれた、本郷通り、不忍通り、白山通り(国道17号線中山道)と山手線に囲まれた(一部、巣鴨駅の近辺は豊島区巣鴨一丁目)地域のことであります。

Photo

 で、文京区本駒込六丁目と言えば代表的なものは六義園なわけですが。

Dscf61392

 その六義園の西側がお屋敷町で「大和郷(やまとむら)」と呼ばれる一帯なのです。

Dscf61452

 この六義園の北側には春高バレーの常連校、文教学院大学女子高等学校、女子中学校があります。毎日夕方には女子高生の元気な姿が見られて、おじさんは嬉しい。

Dscf61812

 でこの大和郷、建物の高さ制限が厳しくて、マンションでもこんな低層マンションしか建築許可が下りません。

Dscf61632

 でその大和郷の中心的存在が、この大和郷幼稚園。

Dscf61602

 大和郷幼稚園は経営主体は学校法人大和郷学園なのですが、その上に一般社団法人大和郷会というのが乗っかっています。

 この「大和郷会」とは何か。

 元々、この近辺は江戸時代の侍屋敷が多かったところで、明治以降華族の邸宅などが沢山ありました。

Dscf61592

 でその華族の邸宅を大正11年、「大和郷」と名付けて分譲をしたという、田園調布(大正12年分譲開始)や成城学園なんかより古い高級分譲住宅地だったのです。

 Wikipediaによれば『周辺の本駒込六丁目は大和郷(やまとむら)という都内屈指の住宅街がある。初代名誉郷長、若槻禮次郎(第25代・第28代総理大臣)、また正田美智子(現・皇后)が雙葉学園受験のため、俵孝太郎の旧宅に移り住んだことでも知られている。現在、衆議院議員の鳩山邦夫が大和郷に住む』とあって、さすがに老舗の山の手高級住宅地だったということがよくわかります。

 ちなみに先の建物の高さ制限を決めたのも、この大和郷会。

 で、その初代名誉郷長・若槻禮次郎を抱く「大和郷会」とは、実は大和郷の町会なのです。法人化している町会も(多分)ここだけだと思うし、幼稚園を経営している町会ってのも(多分)ここだけでしょう。

 なんかそれだけでも「由緒」ってものを感じません?

 まあ、鳩山邦夫さんは東京中央郵便局の建替えあたりから、兄貴ともども存在感がなくなってますけれどもね。

 でもそんな「山の手お屋敷町」から、一番遠いところから歩いても15分で、「お婆ちゃんの原宿」という異名をとる「巣鴨地蔵通り商店街」という超ド下町の商店街や、駒込駅から坂を降りていくと霜降銀座商店街、染井銀座商店街や田端銀座商店街などのまさしく昭和の香りがする昔からの「○○銀座」があるんですね。

 まさしく、山の手住宅地と下町商店街の接点というのが、ここ文京区本駒込六丁目なんですね。

Dscf61662

 ところが、同じ六義園でも南側に回るとこんなマンション群があるのです。

 つまり南側は不忍通りに面していて、ここだけは文京区から11階建てが許可されているんです。

 つまり、文京区本駒込六丁目大和郷ではあっても、この一帯だけは結構リーズナブルなお値段で住むことができる。というところが、『東京は世界1バブル化する!』を書いた浅井隆氏がおススメをする理由なんですね。

Dscf61372

 勿論、分譲だけじゃなくて賃貸専用マンションもあります。

 皆さんも、文京区本駒込六丁目への移住をご検討されてはいかがですか?

 住むのには静かで環境はいいし(昭和小学校→小石川中等教育学校→東京大学って黄金の進学コースもある)、高級感があるし、しかし、お買い物には便利。なかなかいいところだと思いますがねえ。

« 『ふしぎな国道』で感じる日本の常態 | トップページ | 『世界はすでに破綻しているのか?』まあ、2015年末にはまず日本が今度は本当に破綻するでしょうね »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/61031452

この記事へのトラックバック一覧です: 文京区本駒込六丁目・大和郷:

« 『ふしぎな国道』で感じる日本の常態 | トップページ | 『世界はすでに破綻しているのか?』まあ、2015年末にはまず日本が今度は本当に破綻するでしょうね »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?