フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『「アメリカの時代」の終焉に生まれ変わる日本』というか、「生まれ変わらなければいけない」ってことなんだ | トップページ | 『英語もできないノースキルの文系はこれからどうすべきか』って、決まってるじゃん »

2015年1月15日 (木)

トヨタ、燃料電池車「ミライ」の受注1500台 年間目標の4倍弱

 今日の日経速報版は『トヨタ、燃料電池車「ミライ」の受注1500台 年間目標の4倍弱』をクリップ。

1500

『トヨタ自動車15日、燃料電池車(FCV)「ミライ」の受注が発売からほぼ1カ月たった14日時点で約1500台に達したと発表した。ミライは世界初のFCVの市販車として14年12月15日に販売を開始。15年末に約400台としていた目標販売台数の4倍弱を既に受注したことになる。

 受注の内訳は官公庁や法人が約6割、富裕層などの個人客が約4割。地域別では東京都や神奈川県、愛知県や福岡県が中心という。15年は700台の生産を計画しており、今年中の納車は受注の一部にとどまる見通し。〔日経QUICKニュース(NQN)〕』

 まあ、このミライだけの売上げで、あの大トヨタがどうこうすることはないだろうけれども、一種のアーリーアダプターというのはどの世界にもあるだろうし、そうしたアーリーアダプターに受け入れられたということだけでも、トヨタとしては燃料電池車を早期に導入した効果はあるだろう。

 実際には、これを購入しても、まだまだ水素スタンドの数は少ないし、あまり意味はないけれどもね。

« 『「アメリカの時代」の終焉に生まれ変わる日本』というか、「生まれ変わらなければいけない」ってことなんだ | トップページ | 『英語もできないノースキルの文系はこれからどうすべきか』って、決まってるじゃん »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/60979613

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ、燃料電池車「ミライ」の受注1500台 年間目標の4倍弱:

« 『「アメリカの時代」の終焉に生まれ変わる日本』というか、「生まれ変わらなければいけない」ってことなんだ | トップページ | 『英語もできないノースキルの文系はこれからどうすべきか』って、決まってるじゃん »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?