フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« Chris-Guillebeau.com | トップページ | 「休まない米国人」に休暇取得のススメ »

2014年12月17日 (水)

「獺祭」でお馴染み、旭酒造を訪ねる

 妻の親戚に不幸があって、12月14・15日と山口県周南市徳山に行ってきました。

「How Google Works」について三日連続で書いたのは、書くことが沢山あったというのもその理由だけれども、二日ほどブログの更新が出来ないかも知れないということもあったのであります。

R11980192

 前に妻の母親の実家がある周南市鹿野に行ったときは、東海道・山陽新幹線で徳山まで行ったんだけれども、何せ東京駅から徳山駅まで4時間半も乗っていなければならなかったので、今回は飛行機にした。羽田空港から岩国錦帯橋空港まで1時間半。岩国からはレンタカーで徳山まで1時間ほどなので、列車で行くより2時間ほど圧縮できた。う~ん、これって正解だったのかなあ?

R11980052

 で、岩国と言えば「錦帯橋と岩国城」だったわけだが……。

R11980072

 今や、岩国と言えば「獺祭」であります。「純米大吟醸2割3分磨き」という、ワインのようにフルーティーな日本酒として有名になった「獺祭」も岩国のお酒。じゃあ、その酒造りをしている場所を訪ねようじゃないかと、カーナビに「岩国市周南町獺越」と入れて走り出す。

 と、車はどんどん山の中へと入っていき、途中の道では猿の姿を見ながら山の中へと走っていくと、突然こんな大きなビルを造成中のところに出くわす。えっ? なんでこんな山の中にマンションが? と、思っていたら……。
R11979952

 と、そこが「獺祭」を作っている「旭酒造」なのでした。

 現在、衰退を続けている日本酒の世界で、唯一凄い伸長率を示しているのがこの旭酒造なのである。つまり、1990年にそれまで作っていた普通の日本酒「旭富士」をやめて「獺祭」を作って東京に売り出して以来の快進撃を続ける旭酒造の現在の姿がこの大きなビル造成というわけ。

Photo

 本社の前には直売所があるのだが……。

R11979982

 今はとにかく品薄で、「獺祭」も一人一本だけしか売ってくれない。なので、私は妻の分と私の分で二本買ってきた。

Dscf53762

 旭酒造のサイトはコチラ

 ビルが完成するとこんな風になるそうだ。

R11980002

RICHO GRDⅢ @Iwakuni Yamaguchi (c)tsunoken

« Chris-Guillebeau.com | トップページ | 「休まない米国人」に休暇取得のススメ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/60818084

この記事へのトラックバック一覧です: 「獺祭」でお馴染み、旭酒造を訪ねる:

« Chris-Guillebeau.com | トップページ | 「休まない米国人」に休暇取得のススメ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?