フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« Tor使った匿名告発サイト日本版、来年稼働へ 「技術でジャーナリズムの刷新を」 | トップページ | 東南アジア、賃金2~3割上昇 中国に迫る »

2014年12月21日 (日)

JR日立駅の海の見えるカフェで常陸野ホワイトエールを飲む

 JOMO→ENEOSの前身である日本鉱業は日立銅山を買収したことから歴史が始まる。

 で、その日立銅山の機械のメンテナンスをしていたことから始まったのが、日立製作所(HITACHI inspire the nextのHITACHI)の起源である。

Dscf54462

 つまり、茨城県の日立市っていうのは、完全に日立関連企業の企業城下町であり、ということは、朝夕は別として昼間はまったく町から人の姿が見えなくなってしまっている。

 この辺は豊田市なんかも同じで、企業城下町の宿命なのかもしれない。

Dscf53972

 ところが、そんな日立市で唯一昼間っから賑わっている場所(店?)があるのだ。

Dscf54552

 それがJR日立駅海岸口にある「海の見えるカフェ」である。

Dscf54082

 称して「SEA BiRDS CAFE」。

Dscf54362

Sea Birdsだから「海鳥」とか「ウミネコ」というような意味なんだろう。アメリカにSea Bird Electronicsという海洋開発機器の会社があるようだが、それとは関係ない(当たり前だよね)。

Dscf54312

 で、そこでいただいたのが上の写真の「常陸野ホワイトエール」。小麦ベースのエールビールで、オレンジやコリアンダーなどが加えてあるビールで、ちょっと不思議な味。

 作っている木内酒造は日立市と隣接する茨城県那珂市の日本酒の造り酒屋。でも、ビールも作っちゃうんだなあ。

Dscf54332

 まあ、やっぱり茨城県に行ったら茨城のビールを飲まなきゃね。

 で、カフェからの見晴はこんな感じ。太平洋が目の前です。

 いいなあ……津波は怖いけど。

 SEA BiRDS CAFEのサイトはコチラ

 常陸野ホワイトエールについてはコチラをどうぞ

« Tor使った匿名告発サイト日本版、来年稼働へ 「技術でジャーナリズムの刷新を」 | トップページ | 東南アジア、賃金2~3割上昇 中国に迫る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/60834203

この記事へのトラックバック一覧です: JR日立駅の海の見えるカフェで常陸野ホワイトエールを飲む:

« Tor使った匿名告発サイト日本版、来年稼働へ 「技術でジャーナリズムの刷新を」 | トップページ | 東南アジア、賃金2~3割上昇 中国に迫る »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?