フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 考える工場 ドイツから新産業革命 | トップページ | ユーグレナ、1部昇格が試すミドリムシの実力 »

2014年12月10日 (水)

IME2014に行ってきた

 有楽町にある東京国際フォーラムで昨日と今日開催されている「IME2014」(第24回 国際ミーティング・エキスポ)に行ってきました。

Dsc_00012_2

 IMEとは何か? 日本におけるMICEビジネスを発展させようという目的のイベントであります。

Dsc_00132_2

 MICEとは何か? 『MICEとは、Meeting(会議・研修)、Incentive Travel(招待旅行)、Conference(国際会議・学術会議)またはConvention、Exhibition(展示会)またはEventの4つの頭文字を合わせた言葉である。ビジネスと関わりがあり多数の人の移動を伴う行事という、企業などの会議やセミナー、報償・研修旅行、国際会議や総会・学会、展示会・見本市・イベントなど、観光および旅行の観点から着目した総称で、「ビジネスイベンツ」とも呼ばれている』(Wikipedeiaより)

Dsc_00032

 つまり、日本全国のコンベンション推進機関や自治体、会場、ホテル、旅行会社、運営会社、映像・音響関係企業、及び海外からの出展者も含めた、コンベンション関係者が集まって情報交換などと行う催しです。

Dsc_00102

 となれば、世界に冠たるビジネス都市、東京がまずその存在感を示すのはよくわかりますが……

Dsc_00062

 地方都市も負けてはいないのです。

Dsc_00092

 来年春に北陸新幹線が開通する北陸では、それを期にコンベンション・ビジネスを活発化させようとするのですが、既に観光都市として世界にも知られている金沢はちょっと地味な展開なのですが……

Dsc_00072

 金沢に比べると観光客が少ない富山県では、東京都並みの大展開でコンベンションの誘致をしているというわけなのです。

 とは言うものの、なんかなあ、いかにも官製イベント(主催は観光庁/一般社団法人 日本コングレス・コンベンション・ビューロー(JCCB)/日本政府観光局(JNTO))という感じで、皆どこか「やらされている感」があったりして、今一つノれない。

 問題は、こうした催しを日本国内でやっても、あまり意味はないだろうということ。結局、国内イベントに関しては、別にこうしたコンベンションをやらなくても、それぞれ主催者が勝手に探してイベントを開くだろうということ。

 むしろ、この種の催しを海外で積極的に開いて、国際会議やコンベンションを日本に誘致しなければならないということなのですね。

 そうしなければシンガポールやソウルに抜かれてしまった国際会議開催件数を取り戻すことは不可能だと思うのですが。

 まあ、各ブースを回ればいろいろな地域の名産品やお菓子なんかを貰えるので、それが目当ての人には興味があるかもね。

 IME2014は事前登録が必要なので、行こうと思った人はコチラをクリックして、来場事前登録を。

 ただし、やっているのは昨日と今日だけ。

NIKON D7000 AF-S NIKKOR 10-24mm @Tokyo International Forum (c)tsunoken

« 考える工場 ドイツから新産業革命 | トップページ | ユーグレナ、1部昇格が試すミドリムシの実力 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/60784516

この記事へのトラックバック一覧です: IME2014に行ってきた:

« 考える工場 ドイツから新産業革命 | トップページ | ユーグレナ、1部昇格が試すミドリムシの実力 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?