フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« JXエネ、水素スタンド第1号を開設 1キログラム1000円で販売 | トップページ | 『自分の運命は他人が決める』って言うけど、やっぱり自分で決めてるじゃん »

2014年12月26日 (金)

CO2と水で自動車走る 資源小国・日本の救世主

 日経新聞のこんな記事をクリップ。題して『CO2と水で自動車走る 資源小国・日本の救世主』

Co2

『2020年初頭。ゴミ焼却場の隣接地に設けられた巨大プールを眺めると、その底にはいくつもの半導体パネルが太陽に向かって設置されていた。まるで太陽光発電の装置のようだ。だが、発電するわけではない。ゴミ焼却場が排出する大量の二酸化炭素をこのパネルで取り込んで一酸化炭素を生成。自動車数百台が1日に使う燃料に作り替えた――。

 この青写真が日の目をみる決め手となる技術が人工光合成だ。この技術は水と二酸化炭素からエネルギーをつくり出す光合成の原理を応用する。半導体パネルで太陽光を受け、水を酸素と水素イオンに分ける。次に触媒を使って水素イオンで二酸化炭素を分解し、メタノールなど燃料の原料になる一酸化炭素を作る。厳密に言えば空気から燃料を直接作るわけではないが、環境汚染の原因となる二酸化炭素を自動車の燃料やプラスチックの原料になるメタノールに作り変えることができる』

 というのがその記事。当然、そうした研究は各国で行われているが、日本の東芝研究開発センターが一歩先んじてエネルギー変換効率の上昇に成功。主導権を握る可能性が出てきたというのだ。

 結構、楽しみな話だ。

« JXエネ、水素スタンド第1号を開設 1キログラム1000円で販売 | トップページ | 『自分の運命は他人が決める』って言うけど、やっぱり自分で決めてるじゃん »

テクノロジー」カテゴリの記事

コメント

この手の詐欺まがいの話はよくありますね。
空気中に二酸化炭素は0.04%しかないのに、どうやって、燃料作り出すの?
一番エネルギーが低い水からわざわざ酸素を取り出すのにエネルギーが余計にかかるし、何をしたいのかわからない。
永久機関のように見せかけた詐欺まがいの話でしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/60868668

この記事へのトラックバック一覧です: CO2と水で自動車走る 資源小国・日本の救世主:

« JXエネ、水素スタンド第1号を開設 1キログラム1000円で販売 | トップページ | 『自分の運命は他人が決める』って言うけど、やっぱり自分で決めてるじゃん »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?