フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 今年のお酉様は地元の大鳥神社へ……ね | トップページ | 普天間基地はどこへ行くのか? 沖縄の難航を極めた18年を振り返る »

2014年11月11日 (火)

エバーノートと日経が提携、電子版記事を自動配信

 今日の日経新聞は『エバーノートと日経が提携、電子版記事を自動配信』をクリップ。

Photo

『日本経済新聞社とクラウドサービス大手の米エバーノート(カリフォルニア州)は10日、資本・業務提携することで基本合意した。日経はエバーノートに2000万ドル(約23億円)出資し、2015年初めから日経電子版とエバーノートのサービスを連携させる。両社の有料会員を対象に、双方のサービスを仕事に使う際の利便性を高め、事業拡大につなげる』

 というもの。

『エバーノートはインターネット上に文書や写真などを保存・共有するクラウドサービスを手掛けている。今回の提携により、エバーノートの利用者が文書を作成する際、内容に応じて関連する日経電子版の記事を自動配信するほか、日経電子版の読者が記事を閲覧する際には、エバーノートで過去に作りためた文書から、記事の内容に関連する情報や名刺などを検索無しで表示する』

『エバーノートの利用者は無料会員を含めると全世界で1億人以上、日本では約800万人を有する。日経電子版の会員は有料会員約38万人を含めて約250万人。連携サービスはいずれも有料会員が対象となるため、今後、日経とエバーノートは日本国内で有料会員を増やすための販売促進活動でも協力する』

「最終的に保存機能そのものは無料になり、保存容量の上限もなくなるだろう」と言われているクラウドサービスのビジネス。

 CEOのフィル・リービン氏は

 『当社は知識労働者の生産性向上を目標に掲げ『書く』『(情報を)集める』『見つける』『発表する』の4分野に注力している。オフィスで使うサービスでは米マイクロソフトが圧倒的だが、これをあまり使わなくても仕事ができる環境を提供したい』

 『情報を入手するには『検索』が重要だったが、これを変える。このほど米国で始めた新サービス『コンテキスト』(有料)では必要な記事を自動表示する。利用者のニーズを先回りして検知、関連性が高い情報を提供するのが理想だ』

 と語る。

『利用者数では中国が米国に次ぐ2位に浮上したが、収入では日本が2位を維持しており、この傾向が当面は続くとみている。技術革新の面でも日本は重要な市場だ』

« 今年のお酉様は地元の大鳥神社へ……ね | トップページ | 普天間基地はどこへ行くのか? 沖縄の難航を極めた18年を振り返る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/60633365

この記事へのトラックバック一覧です: エバーノートと日経が提携、電子版記事を自動配信:

« 今年のお酉様は地元の大鳥神社へ……ね | トップページ | 普天間基地はどこへ行くのか? 沖縄の難航を極めた18年を振り返る »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?