フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 第8回フォトフォーラムのテーマは「スナップショット」だ | トップページ | 『驚くべき日本語』はよくわかるのだが、その前に日本人がやらなければならないことがある »

2014年11月 9日 (日)

360度撮影のカメラ、動画も可能に

 わっはっはっはぁ、昨日は文字の大きさの設定を間違っちゃったぜぃ。

 やはり昨日の「日経新聞」から、この記事をクリップ

『360度撮影のカメラ、動画も可能に』

360_2

 取り敢えず、記事全文は以下の通り。

『リコーイメージングの全天球カメラ「RICOH THETA(リコー・シータ) m15

撮影者を囲む空間を360度写すシリーズの新モデル。静止画に加え動画も撮れるようにした。動画は一度で最大3分間の撮影ができ、画像はパソコンに取り込んで専用アプリで加工できる。色はホワイトなど4種。
 《オープンだが、店頭想定は3万5000円前後。14日》 』

 まあ、当たり前といってしまえば当たり前。

 静止画が撮影できるデジカメならば、動画も撮影できて当たり前。普通の正常進化というだけのことである。

 ただし、問題はこのような機能をどんなところで使うのか。その使用例というか、使用の提案をメーカーがやっていかなければならない、というところがちょっと大変かな。

 以前、「ihayato書店」で一度紹介していたけれども、あれだけじゃあ、このカメラを買う必然性とか、どう使えば有効な使い方ができるのかは見当たらなかったしな。

« 第8回フォトフォーラムのテーマは「スナップショット」だ | トップページ | 『驚くべき日本語』はよくわかるのだが、その前に日本人がやらなければならないことがある »

テクノロジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/60619206

この記事へのトラックバック一覧です: 360度撮影のカメラ、動画も可能に:

« 第8回フォトフォーラムのテーマは「スナップショット」だ | トップページ | 『驚くべき日本語』はよくわかるのだが、その前に日本人がやらなければならないことがある »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?