フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『路地裏の資本主義』で、ちょっと残念なこと | トップページ | ウイスキーと私 »

2014年10月29日 (水)

荏原中延商店街―『路地裏の資本主義』実践編

 昨日の『路地裏の資本主義』を書いた平川克美氏は株式会社リナックスカフェの主宰者である。リナックスカフェはWebサイトの制作をしたり、業務支援システムの構築、社史・広報誌・パンフレットの制作や、イベントの企画・運営をしたり、平川氏と内田樹氏が一緒にやっていた翻訳をしたりしている会社だ。

 まあそんな会社なので秋葉原にあるのは当然と思っていたのだが、何と、荏原中延に移ったと『路地裏の資本主義』に書かれてあったので、早速、当地に行ってみた。

2014_10_28_79632

 東急池上線の荏原中延駅で降りると

2014_10_28_79642

 左に行けば中延スキップロードというアーケード商店街がある。その先は東急大井町線と都営浅草線の中延駅。

2014_10_28_79832

 右に行くとサンモールえばら商店街。

 その他にも大井町線の駅前には中延駅前通り商店街があるし、スキップロードの途中には昭和通り商店街と浪花通り商店街というのが交差していて、なかなかに賑やかな商店街がいろいろある。

2014_10_28_79852

 サンモールえばら商店街で中延美人の後をついていくと、ありました「リナックスカフェ」はサンモールえばら商店街の一つ裏の道にある、なんかしもた屋風の建物を使っている。いかにも、荏原中延の中小企業という感じ。

2014_10_28_79932

 まあ、元々中小企業ではありますがね。それがまさしく『路地裏の資本主義』ではあります。

2014_10_28_79952

 ということは、その近所にやはり平川氏がやっている隣町珈琲が有る筈って、すぐに見つかります。

2014_10_28_80042

 元々、荏原中延で工場を経営していたのが平川氏の父上だそうで、昔はこんなところで学校に通い、友達たちと遊んでいたんだろう。

 とは言うものの、この町にも再開発の手は伸びていて、今はこんなマンションを建設中。

2014_10_28_80062

 サンモールえばら商店街の裏の飲み屋街。

 どこか落ち着ける居酒屋とかバーなんかが集まっている。ここもいずれは整理されちゃうんだろうなあ。

RICHO GRDⅢ @Ebara Nananobu Shinagawa (c)tsunoken

« 『路地裏の資本主義』で、ちょっと残念なこと | トップページ | ウイスキーと私 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/60558213

この記事へのトラックバック一覧です: 荏原中延商店街―『路地裏の資本主義』実践編:

« 『路地裏の資本主義』で、ちょっと残念なこと | トップページ | ウイスキーと私 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?