フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« マッサン流「大人酒の目利き」はニッカウィスキーを飲みたくなる本なのである | トップページ | CEATEC JAPAN 2014 静かに開幕 »

2014年10月 7日 (火)

「急傾斜地崩壊危険箇所一覧表」というのがある

 昨日、一昨日の台風18号はなかなか凄かった。

 多くの人々が災害にあったり、交通マヒなどの影響を受けたことだろうと思うのだが、ひとつびっくりしたのが港区が出した避難勧告だった。

「港区は午前10時36分、元麻布2、3、4丁目や麻布十番1、2丁目、白金台3丁目など約2万2900世帯、計4万5500人に避難勧告を出した。大雨などで避難が困難な場合は、頑強な建物の2階以上に避難するように呼びかけている」(ブルームバーグ・ニュースより)

 えっ、なんであんな都心の港区で避難勧告? と思ったのだが、それは大雨による浸水ではなくて、崖などの崩壊の危険性だったのだ。

Photo<東京都 土砂災害危険箇所マップ> 港区索引図より

 港区には大雨などによる急傾斜地崩壊危険箇所というのが、自然斜面で白金台、元麻布、南麻布、赤坂、東麻布、芝公園、三田、高輪、白金、麻布狸穴、愛宕など20か所あって、人工斜面では98か所もある。

 となると気になるのは、港区に負けず劣らず坂道の多い我が文京区はどうなっているんだ、ということ。で、「急傾斜地崩壊危険箇所一覧表 文京区」でググッてみるとありました、ありました。

Photo_2

 文京区には自然斜面が、目白台、関口、春日、白山、西片、千駄木、弥生、大塚の12か所、人工斜面が、目白台、関口、大塚、音羽、小日向、春日、千石、小石川、白山、本郷、西片、千駄木、湯島などで36か所と、港区ほどではないが、結構沢山あるのがわかる。

Photo_3<東京都 土砂災害危険箇所マップ> 文京区索引図より

 で、なんで港区で避難勧告が出て、文京区では出なかったのか? 在日中国大使館との関係か? なんてことはなくて、急傾斜っていっても、港区でも芝公園や三田、高輪には避難勧告は出ていないので、傾斜の度合いの問題なのだろう。文京区も確かに坂道は多いけれども、港区の麻布あたりほどには急傾斜地はない。なんせ麻布十番のそばには「麻布暗闇坂」なんてのもありますからね。

 こうしたハザードマップには土砂災害だけでなく、浸水や地震などのハザードマップもある。地方自治体のホームページに行けば簡単に手に入るので、皆さんもそれらのハザードマップを一度覗いて、自分の住んでいる地域のどの辺が危険なのか、どの辺が安全なのかを調べておくと、いざという時に役に立つだろうし、どこに住むのかを検討する際にも役に立つ。

 基本的には「低いところよりも、高いところの方が安全」というところなのだけれどもね。

« マッサン流「大人酒の目利き」はニッカウィスキーを飲みたくなる本なのである | トップページ | CEATEC JAPAN 2014 静かに開幕 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/60432344

この記事へのトラックバック一覧です: 「急傾斜地崩壊危険箇所一覧表」というのがある:

« マッサン流「大人酒の目利き」はニッカウィスキーを飲みたくなる本なのである | トップページ | CEATEC JAPAN 2014 静かに開幕 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?